印刷版   

世界のヘッジファンドの資産総額が2兆ドル突破=調査

 ニュース・情報サービス会社ヘッジファンド・インテリジェンスによると、1月までの1年間で世界のヘッジファンドの資産残高が前年比30%以上増加し、総額が2兆ドルを上回った。

 調査は5000以上のヘッジファンドを対象としたもの。資産総額は2006年1月時点では1兆5000億ドル超だったが、今年1月時点では2兆0790億ドルに増加した。

 主要地域で最も増加ペースが速かったのは欧州で、資産総額は40%程度増加して約4600億ドル。米国の資産総額は約1兆5000億ドルだった。

 調査によると、資産10億ドル以上のファンドは351で、これらの総額は1兆5640億ドルに達した。

 資産額ベースで世界最大のヘッジファンドはJPモルガン・アセットマネジメントで、1月の資産総額は340億ドル。上位10社で米国外に拠点を置いているのは英マン・グループ(EMG.L: 株価, 企業情報 , レポート)のマン・インベストメンツだけで、資産総額は188億ドルだった。

[ロンドン 29日 ロイター] 

 (07/03/30 09:03)  





■関連文章
  • ポジション解消の連鎖一服、個人は日本株と外債に見直し買い(07/03/07)
  • 米ヘッジファンドのアマランス、投資ポジションをすべて解消へ(06/10/02)
  • 米インサイダー取引が増加、ヘッジファンドの関与拡大=NY証取(06/09/27)
  • 株価は業績反映し上昇へ、ヘッジファンドの影響力低下(06/07/05)
  • 原油価格が続落:3ヶ月ぶり最安値を更新(05/11/14)