印刷版   

世界の不均衡是正、ドル下落とアジア通貨急伸が必要=エコノミスト

 欧米やアジアの著名エコノミストは、世界経済の不均衡是正には、政策や為替の面で大幅な変化が必要との認識を示した。ドル下落とアジア通貨の急上昇などが必要としている。

 報告書は、ワシントンで来月開かれる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)や、国際通貨基金(IMF)・世界銀行の春季会合を前にまとめられ、27日に公表された。

 報告書では、米国の赤字と、アジアおよび石油輸出国の巨額黒字を背景に拡大する不均衡の問題に取り組むため、各国が共同歩調をとることが必要としている。

 エコノミストは、適切な政策措置がとられなければ、市場の力による調整が起きる可能性があると警告。そうなれば、リセッションのほか、主要通貨や資産価格の急変動、通商摩擦の増加が起きかねないとしている。

 エコノミストは「世界の金融市場の最近の変動は、迅速に行動しなかった場合の危険について、注意を喚起するものだ」との見方を示した。

 また、報告書では、ドルは10─20%下落、人民元は30%上昇、円は25─30%上昇する必要があり、ユーロは、現在の1ユーロ=1.33ドルから1.45─1.50ドルへの上昇が必要としている。

[ワシントン 27日 ロイター]

 (07/03/28 16:27)  





■関連文章
  • インドや中国など新興諸国、世界経済拡大に責務=米財務次官(07/02/17)
  • 中国は経済成長減速、不均衡問題は解消せず=世銀(07/02/15)
  • アジア通貨が総じて下落、軟調な円に追随(07/02/13)
  • 中国の金融政策、為替相場が阻害=SF地区連銀総裁(07/02/07)
  • 世界経済は07年も引き続き堅調の見通し=IMF専務理事(07/01/17)
  • 原油安で世界経済に安定感、米国に資金回帰でドル高に(07/01/15)
  • 米下院議員ら、対中制裁関税法案を再提出(07/01/10)
  • 米中貿易不均衡問題、解決には時間=NEC委員長(06/12/20)
  • 人民元の上昇だけでは不均衡是正に不十分=米財務省当局者(06/12/11)
  • IMF、07年の世界経済成長率予測を下方修正へ=第1副専務理事(06/12/06)
  • 中国との貿易不均衡是正、輸出増への焦点が必要=米商務長官(06/11/14)
  • 世界経済は成長続けるがペースやや鈍化へ=OECD事務総長(06/10/05)
  • G7が開幕へ、米景気減速や原油価格・保護主義の高まりなどを議論(06/09/16)
  • G7では世界経済の不均衡問題が焦点=英財務閣外相(06/09/14)
  • 不均衡問題は世界的リセッションを招く可能性=IMF専務理事=独紙(06/09/12)