印刷版   

中国銀行監督当局、不正資金流入に関する特別調査を否定=証券時報

 証券時報は6日、中国銀行業監督管理委員会(銀監会)が国内株式市場への不正な銀行融資の流入について特別調査を開始したとの報道を否定したと伝えた。

 国内メディアで広く報じられた銀監会の調査など、株取引に関する当局の取り締まりに対する懸念が、先週からの中国株急落の主因と指摘されている。

 証券時報は銀監会の劉明康委員長が「銀監会は株式市場に関連したいかなる調査も特別には開始していない。また株式市場を対象にした特別措置をとるつもりもない」と述べたと伝えた。

 劉委員長によると、銀監会は与信リスクに関する定期検査の過程で、一部機関と個人が他の目的で受けた銀行融資を株式市場に流用するという不正行為をいくつか発見したという。

 中国の一部国内メディアはこれより先、銀監会が不正な銀行融資の転用に関して特別調査を開始したと報じていた。

[上海 6日 ロイター]

 (07/03/07 08:58)  





■関連文章
  • 上海株式市場は反発、0.49%高で前場終了(07/03/07)
  • 中国、株式譲渡益に対する課税は計画せず=国家税務総局(07/03/05)
  • 米国株式市場=反落、世界的な株安が継続(07/03/02)
  • 日経平均、前日比200円を超える下落(07/03/01)
  • 中国株市場急落:「暗黒の火曜日」、下落率10年間で最大、世界主要株式市場に影響(07/03/01)
  • アジア株式市場ほぼ全面安、前日の米株急落などで(07/02/28)
  • 米国株式市場が急落:識者はこうみる(07/02/28)
  • 米国株式市場=大幅急落、中国株安や米経済への懸念で(07/02/28)
  • 緊急アンケート:市場が有望視する銘柄、今後は日本の代表企業(07/02/21)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • 日経平均が終値で昨年来高値更新、6年9カ月ぶりの高水準(07/02/19)
  • 中国株式市場、上海総合指数が最高値(07/02/15)
  • 日経平均が終値で昨年来高値、通期見通しの上積みに期待感(07/02/14)
  • 株式市場に波風を起こす30兆元のホットマネー(07/01/12)
  • 中国の宝鋼集団、中核鉄鋼資産のNY上場を準備=関係筋(07/01/11)