印刷版   

3月18日、「クロコダイルハンター」として世界中に名をはせた故スティーブ・アーウィン氏(左)の遺志を継ぐために設立された豪メルボルン近郊の動物園からワニなど爬虫類50匹以上が盗まれた。2002年6月撮影(2007年 ロイター/Jim Ruymen)

故クロコダイルハンターゆかりの豪動物園、ワニなど盗まれる

 豪メルボルン近郊にある動物園「ワイルドライフ・ワンダーランド」から、ワニを含む爬虫(はちゅう)類50匹以上が盗まれた。この動物園は、テレビ番組などで「クロコダイルハンター」として世界中に名をはせた故スティーブ・アーウィン氏の遺志を継ぐために設立された野生動物の体験施設。アーウィン氏は昨年9月4日、グレードバリアリーフで撮影中にエイに胸を刺されて死亡した。

 同動物園によると、盗まれたのは体長60センチの淡水クロコダイルのほか、ニシキヘビ2匹、フトアオヒゲトカゲ3匹など。これら3種はいずれも飼育ライセンスが必要だという。また同園で飼育していたアオジタトカゲ47匹もすべて盗まれた。

 同園の経営者ダレン・ティリー氏はロイターに対し「これらの生き物は子供の教育のほか、スティーブ・アーウィン氏の遺志を継ぐためのものだった。今回のことは気分が悪い」とコメント。ティリー氏によると、盗難が発見されたのは18日朝。犯行は前夜遅くかこの日の未明に起きたとみられている。

 同氏は「どうやって全部を持ち去ったのか分からない。これらの爬虫類は特別なケアや光やエサが必要なので、とても心配している」と話した。

[シドニー 18日 ロイター]

 (07/03/20 08:43)  





■関連文章
  • 脱走動物の捕獲訓練=東京・多摩動物園(07/03/01)
  • 中国の動物園、トラが6歳の少女をかみ殺す(07/02/23)
  • 米・南加州:大紀元時報新聞盗難事件、犯人逮捕、中共が背景か(07/02/01)
  • 豪州議員ら中国大使に書簡、中国の臓器狩り独立調査要請(06/12/17)
  • 豪カンタス航空、買収提案を受け入れ=関係筋(06/12/14)
  • 日豪首脳、EPA交渉開始で合意=塩崎官房長官(06/12/13)
  • 豪州主要病院、中国外科医研修と臓器移植の共同研究禁止(06/12/07)
  • 香港製・漢方薬「ワニの乾し肉」、約9割が偽造品(06/12/04)
  • 中国臓器狩り国際調査団=豪ニュー・サウス・ウェールズ州支部結成、政界関係者など参加(訂(06/12/02)
  • 間一髪、ワニの口から奇跡の生還(06/12/01)
  • 豪政府、北朝鮮船舶の臨検実施支援のため軍艦1隻を派遣可能=国防相(06/10/23)
  • 中国臓器狩り:豪州議会議員ら、議会議事堂前で中国の大量虐殺を非難(06/10/20)
  • 豪州華僑、中共の豪最新兵器への接触を暴露した理由を語る(06/10/19)
  • 豪州で国際人権展覧会開く、テーマ「精神病治療法―死の産業」(06/09/25)
  • 中国臓器狩り:豪州テレビ局、特集番組を放送(06/08/27)