印刷版   

中国の急速な融資拡大、一段の引き締め策講じる理由に=金融時報

 15日付の金融時報は、中国における急速な融資の拡大は、景気過熱を防ぐための追加的な引き締め策を講じる理由になるとする論説を掲載した。

 今年1─2月の中国の銀行による融資額は9814億元となった。これは、2006年全体の人民元建て融資の約30%にあたる。

 さらに、2月の中長期の融資額は前年比22.3%増と、2004年以来の大幅な伸びとなった。

 同紙は「固定資産投資が再び増加するのを防ぎ、金融システムの潜在的リスクを縮小させるため、中国人民銀行(中央銀行)は流動性の吸収と融資拡大の抑制を目指した一段の引き締め策を講じる必要があるかもしれない」と指摘した。

 [北京 15日 ロイター]

 (07/03/16 08:31)  





■関連文章
  • 米財務省が米銀とBDAの取引を正式禁止、北朝鮮の凍結資産請求に道(07/03/15)
  • 世界同時株安の懸念再燃、米金利低下なら波乱収束か(07/03/14)
  • 本格的な円キャリー巻き戻し、まだ始まっていない=黒田ADB総裁(07/03/14)
  • 北朝鮮、米国による資金凍結解除なければ「相応の措置」(07/03/12)
  • 中国全国社会保障基金理事会、海外投資を強化へ(07/03/12)
  • 中国銀行監督当局、不正資金流入に関する特別調査を否定=証券時報(07/03/07)
  • マカオの銀行の北朝鮮口座凍結問題、解決の用意ある=米財務次官補代理(07/02/27)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • 尾身財務相発言に微妙な変化、利上げに不透明感(07/02/19)
  • ドル/人民元7・75元台突破、金融・労働市場への影響を懸念(07/02/16)
  • 中国株式市場、上海総合指数が最高値(07/02/15)
  • マカオの北朝鮮口座問題、解決措置の準備はある=米財務副次官補(07/02/14)
  • 中国は為替改革加速を、戦略対話特使にホルマー氏任命=米財務長官(07/02/14)
  • 中国の金融政策、為替相場が阻害=SF地区連銀総裁(07/02/07)
  • ユーログループ、来週のG7控え円安に懸念表明(07/01/30)