印刷版   

3月5日、東京株式市場、日経平均がザラ場で1万7000円割れ。写真は2月、東京証券取引所で(2007年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

日経平均がザラ場で1万7000円割れ、1月12日以来=東京株式市場

 東京株式市場では、日経平均が寄り付きで1月12日以来の1万7000円割れとなった。下げ幅は寄り付きで200円を超え、その後300円を超える下げとなった。

 9時7分現在、日経平均は前日比328円23銭安の1万6889円70銭で推移している。

 米国株安に加え、1ドル=115円台に入った円高の進行で、輸出関連株を中心に幅広い銘柄が売られている。

[東京 5日 ロイター]

 (07/03/05 09:55)  





■関連文章
  • 上海株の下落、大きな調整の予兆─竹中元担当相=民放TV(07/03/04)
  • 世界同時株安、アジア主要市場続落(07/03/02)
  • 米国株式市場=反落、世界的な株安が継続(07/03/02)
  • 日経平均、前日比200円を超える下落(07/03/01)
  • 中南米市場がトリプル安、中国株の急落や米経済成長めぐる懸念で(07/02/28)
  • 27日の世界商品市場が下落、中国株安で(07/02/28)
  • 米国株式市場=大幅急落、中国株安や米経済への懸念で(07/02/28)
  • 日経平均が終値で昨年来高値更新、6年9カ月ぶりの高水準(07/02/19)
  • 日経平均が終値で昨年来高値、通期見通しの上積みに期待感(07/02/14)
  • 円全面高、対ドルは4カ月ぶり高値(06/12/06)
  • 11月実質実効為替レートは100.8、円高方向の動きは5月以来(06/12/04)
  • 日経平均が大マド埋める、1万7000円回復も視界に(06/10/24)
  • 日経平均がザラ場ベースで1万6000円台回復(06/08/16)
  • 東京株式市場・大引け=大幅反発、日経平均に停電の影響(06/08/14)
  • 日経平均銘柄入れ替え、採用予想に東急不・グッドウィルなど(06/08/10)