印刷版   

香港経済短信 3月12日

 【大紀元日本3月13日】

 ○香港株好調 再度19,400水準超え

 市場は火曜の政府発売不動産成績好調をはやして、株価も強含み,ハンセン指数は最大で335上げ,再び19,400水準に戻した;そのほか,大陸A株市場も平穏,電信株も騰勢,中移動上げ4.33%,終値69.9;HSBC上げ0.8,終値137.5。ハンセン指数終値も上げ307.54或いは1.61%,終値19,442.42,値動き19,220.51 - 19,470.37,出来高は下降し476.80億香港ドル。3月期指数終値19,334,上げ249,低水準108。

 ○萬裕國際スイス銀へ2363萬株割り当て

 萬裕國際(0894)の發表した公告に依れば,既存株主優先方式で株を割り当て,一株当り2.03香港ドル,前日の市場価格2.25香港ドルに対し9.78%安く設定,スイス銀向け割り当て2,363萬株(増資後全株式に対して5%),4,640萬香港ドルの資金を獲得。集團主席陳浩成の持株は53.28%から50.61%に下がった。集めた資金は運転資金と業務拡大に当てると言う。萬裕は月曜の再上場後株価は大幅上升,終値2.65香港ドル,上げ17.8%或いは0.4香港ドル,最高2.70,最低2.41,出来高総額2750萬株,総取引額5790萬香港ドル。

 ○美聯去年純利1.5億 29%減少

 美聯集團(1200) に依れば,去年12月末時点での,全年純利1.5億香港ドル,29%の減少,一株当り利益20.4セント,一株当り期末配当7.2セント,配当性向50%,05年の40%に較べて高い。公司は,去年の利率動向が不安定だったため,取引量及び出来高も05年に較べて下降,全体として計画利益を達成できなかった。營業額も15%減少し19.7億香港ドル。

 (07/03/13 11:37)