印刷版   

中国が19年連続で国防費2ケタ増、透明性の向上は不可欠=塩崎官房長官

 塩崎恭久官房長官は5日午前の記者会見で、中国の国防予算が19年連続で2ケタの伸びになる見通しについて「国防費を含めた国防政策について透明性が図られ、各種対話の場で、さらに透明性向上を図ってもらわないといけない」と指摘した。4月に温家宝首相が来日した際に、この問題に言及するかどうかは決まっていないとしながらも「衛星破壊の問題にしても透明性が大事で、それがあって初めてお互いの信頼が生まれる」と述べた。

[東京 5日 ロイター]

 (07/03/05 21:23)  





■関連文章
  • 中国の軍備増強を懸念、北朝鮮が合意守るかは不透明=米副大統領(07/02/24)
  • 中国:人工衛星撃墜実験「行わない」、北京は報道せず、上層部に異見存在か(07/02/15)
  • 衛星破壊ミサイル実験、中国最高指導部の権力闘争か(07/02/01)
  • 専門家ら:2度目の日中戦争はあり得るか(07/01/31)
  • グーグルアース、軍事機密漏洩で各国から非難(07/01/28)
  • 中国、人工衛星破壊実験の実施を確認(07/01/24)
  • 中共のASAT兵器、気象衛星を破壊実験(07/01/20)
  • 中国の衛星破壊実験、懸念を持っている=塩崎官房長官(07/01/19)
  • 仏衛星「コロー」打ち上げ、地球型惑星の発見目指す(06/12/29)
  • イラクで武装犯が衛星放送局を襲撃、7人死亡(06/10/13)
  • 米政府、中国の生物化学兵器開発を懸念(06/09/19)
  • 台湾民進党党首:中国の「平和的躍進」は平和的ではない(06/09/17)
  • JAXA、情報衛星3基目の打ち上げ成功(06/09/13)
  • 中国は景気抑制に向けた手綱を緩めるべきではない=政府系シンクタンク(06/09/06)
  • 韓国、8月に軍事通信衛星を打ち上げか(06/06/29)