印刷版   

香港経済短信 3月8日

 【大紀元日本3月9日】
○企業業績好調を反映して香港株反騰256ポイント

太古及び香港取引所の業績発表が,市場の投資気分を刺激した。木曜の香港株は反発し後場に大きく上げ、前日までの下げを回復したが19,200水準に抵抗線が見られた。香港取引所及び太古は揃って3.6%上げ,終値はそれぞれ76.8及び90.2;HSBCも上げ1.0,終値136.6;中移動も上げ1.15,終値68.15。ハンセン指数は256.53或いは1.36%の上げで,終値19,175.17,値動き18,909.07 - 19,191.10,出来高498億香港ドル。3月期指標は19,057,上げ253,下げ118。ハンセン国企指数は283.40いは3.19%あげ,終値9,159.46。

○香港取引所全年純利25.2億 88%上昇

港交所(香港取引所)(0388)に依れば,昨年 12月末での,06年全年純利25.2億香港ドル,88%の大幅上昇,連続三年記録更新,一株当り利益2.37香港ドル,一株当り期末配当1.19香港ドル。純利上升は昨年の株式出来高の大幅増加による。一日あたりの平均出来高は339億香港ドル,85%増加。港交所は昨年大型大陸企業の上場を受けてロンドンに僅差で世界第2の投資獲得市場となり、獲得した投資額は3,339億香港ドルに達した。

○太古去年純利225.6億 20.3%上昇

太古(0019)に依れば,昨年 12月末での,06年全年純利225.6億香港ドル,年間上昇20.3%,A株一株当り利益14.74香港ドル,B株一株当り利益 2.95香港ドル,A株期末一株当り配当2.2香港ドル,B股株期末一株当り配当0.44香港ドル。

○香港電燈の去年の純利68.4億 20%下げ

香港電燈(0006)に依れば,昨年 12月末での,全年純利68.4億港香港ドル,年間減少20%,主な理由は特別利益の減少と税効果会計の6.5億香港ドルを超える調整。期內,海外業務の利益は大幅減少。但し香港内部での営業利益は12.1%上昇し61.7億香港ドル,グループの昨年度電力売上は0.2%の微増;燃料原価が引き続きコスト圧力。

 (07/03/09 10:49)