印刷版   

3月25日、香港行政長官選挙は現職の曽蔭権長官(右)が再選(2007年 ロイター/Bobby Yip)

香港行政長官選、曽蔭権長官が再選

 香港行政長官選挙は25日投開票が行われ、現職の曽蔭権長官が予想通り再選された。任期は5年。795人の選挙委員の投票のうち、有効投票数は772で曽氏は649票を獲得した。

 今回の選挙は、中国本土による香港の民主化の許容度をはかるものとなったが、曽長官が中国指導部の絶対的な信認を得ていることが決定的な要因となり、曽長官の圧勝となった。

 香港返還後の初の複数候補により選挙戦で、民主派候補として初めて出馬した公民党の梁家傑氏の得票数は123票だった。選挙前から勝ち目はないとされていたが、同氏は、自分が投票所に姿を現し、曽長官とテレビ討論をしたこと自体が香港では初めてのことであり、香港の政治状況を変えるものだと指摘した。

[香港 25 日 ロイター] 

 (07/03/26 09:06)  





■関連文章
  • 香港税関、中国密輸海産物を4トン押収(07/03/04)
  • 胡錦濤:軍官住居の徹底検査命じ、江沢民の「遺産」除去(07/03/03)
  • 香港大紀元スタッフ、シドニーで亡命記者会見  中共にスパイ工作強要された(07/02/25)
  • 香港:出生率、劇的に向上(07/02/24)
  • 香港・大陸消費者団体、旅行会社の不法行為指摘(07/02/21)
  • 「中共元総書記・鄧小平死去10周年」:中国国内メディアは低調保持(07/02/18)
  • 香港調査:報道関係者、返還前より報道の自由が後退(07/02/15)
  • 中国当局、大陸作家らのペンクラブ国際会議参加阻止(07/02/07)
  • 香港当局:中国大陸の妊婦に、出産予約証新措置を実施(07/02/05)
  • 香港返還十年、3月に初の行政長官民主選挙(07/02/05)
  • 香港・長官選挙:8業界の選挙委員、選挙フォーラム3月開催決定(07/02/04)
  • 中共権力闘争の新動向:胡錦濤が懸念する軍の不穏(07/02/01)
  • 台湾大陸委員会、「大陸版」難民法案提出(07/01/28)
  • 香港:中国大陸産の農産物から毒物が検出(07/01/27)
  • 香港関係当局:鳥類の鳥インフルエンザ感染確認(07/01/24)