印刷版   

3月8日、フォーブスが発表した2007年版の長者番付によると、10億ドル以上の資産を持つ「億万長者」の数は前年比19%増の946人。13年連続で長者番付のトップに立ったのはマイクロソフトのビル・ゲイツ会長(写真)。7日撮影(2007年 ロイター/Jonathan Ernst)

ゲイツ氏が長者番付13連覇、インド・ロシアが台頭

 米経済誌フォーブスが8日発表した2007年版の世界の長者番付によると、10億ドル以上の資産を持つ「億万長者」の数は、前年比19%増の946人となり、資産額の合計も35%増の3兆5000億ドルに増加。ロシアとインドの躍進が目立った。13年連続で長者番付のトップに立ったのは総資産560億ドル、米マイクロソフト(MSFT.O: 株価, 企業情報 , レポート)のビル・ゲイツ会長。

 バークシャー・ハザウェイ(BRKa.N: 株価, 企業情報 , レポート)を率いる著名投資家のウォーレン・バフェット氏が520億ドルで2位、メキシコのカルロス・スリム氏が490億ドルで3位に入っている。

 億万長者の平均年齢は2歳下がって62歳となった。

 そのほか、グーグル(GOOG.O: 株価, 企業情報 , レポート)の創立者ラリー・ページ氏とセルゲイ・ブリン氏がそれぞれ166億ドルで26位につけているが、財産増加のペースはビル・ゲイツ氏を凌ぐ。

 国別では、首位米国の地位に変動はないものの、ロシアが53人で第3位に入り、2位のドイツ(55人)を猛追。

 またアジアでは、日本が20年間守り続けてきたトップの座をインドに明け渡した。インドの億万長者は36人で資産額の合計が1910億ドルとなり、24人で合計640億ドルの日本を大きく上回った。

 1987年の長者番付トップだった旧コクドの堤義明元会長は番付から姿を消した。

[ニューヨーク 8日 ロイター]

 (07/03/10 19:13)  





■関連文章
  • インドネシア旅客機が墜落炎上、49人死亡確認=当局者(07/03/07)
  • スマトラ島の地震、死者70人に=インドネシア内閣官房長官(07/03/07)
  • 在インドネシア米大使館に爆破警告(07/03/01)
  • オルセン姉妹、若手スター長者番付で1位に(07/02/27)
  • イランへの武力行使観測を懸念─ロシア外相=通信社(07/02/27)
  • ロシア、07年武器輸出は過去最高額に=第1副首相(07/02/20)
  • 印パ結ぶ列車の爆発は「テロ行為」=印首相報道官(07/02/19)
  • ロシアのマクドナルド店で爆発、少なくとも6人が軽傷(07/02/19)
  • インドや中国など新興諸国、世界経済拡大に責務=米財務次官(07/02/17)
  • インドネシア、鳥インフルエンザワクチン開発でバクスター系と覚書(07/02/07)
  • IMF、インドの景気過熱リスクを指摘(07/01/26)
  • インドネシア東部でM7・3の強い地震(07/01/22)
  • 在日ビルマ市民、中国大使館前で抗議デモ(07/01/20)
  • ロシア、米国に対北朝鮮金融制裁の解除を要請(07/01/18)
  • ロシア、イランに地対空ミサイルシステムを供給=国防相(07/01/17)