印刷版   

北朝鮮資金凍結解除、全体の流れが良い方向に進むこと期待=官房長官

 塩崎恭久官房長官は19日午前の記者会見で、マカオの銀行バンコ・デルタ・アジア(BDA)に凍結されていた北朝鮮関連口座の資金の凍結解除を米国が発表したことに関連し、再開される6カ国協議とは別の話だとしながらも、「全体の流れがいい方向に進むことを期待している」との見解を示した。

 塩崎官房長官は、米朝がこの問題で合意したことについて「6カ国協議のプロセス進展に向け環境が整った」とした。しかし、6カ国協議では「北朝鮮は核の放棄に向け具体的な行動をとるのが当面、最大の課題だ」と指摘し、それに向けた誠意ある対応を北朝鮮にあらためて求めた。

 グレーザー米財務副次官補は19日午前、BDAに凍結されていた北朝鮮関連口座の資金の凍結解除を発表した。資金は中国の銀行に移管され、北朝鮮側は資金を人道目的に使用するという。同副次官補による発表は、6カ国協議再開に先立ち行われた。

[東京 19日 ロイター]

 (07/03/19 13:22)  





■関連文章
  • 中国監査署:2006年社会保険資金流用、3743億円(07/03/18)
  • 米財務省が米銀とBDAの取引を正式禁止、北朝鮮の凍結資産請求に道(07/03/15)
  • 北朝鮮による核施設閉鎖の兆候ない=韓国外相(07/03/14)
  • 北朝鮮の核施設閉鎖プロセスは、複雑なものに=IAEA事務局長(07/03/13)
  • 北朝鮮、米国による資金凍結解除なければ「相応の措置」(07/03/12)
  • 北朝鮮、口蹄疫の発生を報告=国際獣疫事務局(07/03/09)
  • 拉致問題解決に向け粘り強く交渉する=日朝作業部会で安倍首相(07/03/08)
  • 米朝作業部会は「良い議論」、初期段階の措置履行を楽観=ヒル次官補(07/03/07)
  • 中国銀行監督当局、不正資金流入に関する特別調査を否定=証券時報(07/03/07)
  • 米国と北朝鮮の関係正常化に向けた作業部会が始まる(07/03/06)
  • 米朝が3月5・6日に米国で作業部会開催=国務省報道官(07/03/01)
  • マカオの銀行の北朝鮮口座凍結問題、解決の用意ある=米財務次官補代理(07/02/27)
  • ウラン濃縮計画問題は作業部会で協議=塩崎官房長官(07/02/26)
  • IAEA事務局長、核問題協議で訪朝へ(07/02/24)
  • 北朝鮮、プルトニウム製造停止の用意=6カ国協議の韓国代表(07/02/24)