印刷版   

杉並区神田川

エッセイ(独り言):近所のサクラ並木通り

文と写真・Jennifer

【大紀元日本4月9日】今年のサクラ開花宣言は、3月20日に気象庁の係官によって出されてから、暖かい日が続き、1週間後の土・日には、都内のサクラはほぼ満開となった。休日にあたり、午前中から近所のサクラ並木通りを散歩する人々も春の装い。

 近所のサクラ並木は今年も元気よく満開だった。サクラ吹雪を追いかける子どもたち、思わず携帯電話のカメラでシャッターを切るカップル、犬の散歩をするサクラに似合う高貴な婦人、花見をしながらワインで乾杯する男女、よさこいを踊る人々......あっという間にサクラ並木通りは人で賑わっていた。人が写っていない写真を撮るのが難しいほどに賑わった
杉並区神田川
杉並区神田川
杉並区神田川


 また次の週末に、じっくりサクラを観賞しようと思ったが、その翌日から、雨の連続で気温も真冬に戻った。ああ、サクラが散ってしまう。命が短すぎると思った。それでも、雨のあとのサクラが見たいのだと独り言。週末に、少し肌寒かったが、会社の近所のサクラ並木通りを散歩した。サクラは病み上がりのようだった。寒さの中で懸命に咲かそうとする姿はいじらしくなった。写真を撮ってあげようと、カメラを手に取った。人が沢山いれば、サクラも元気になるかも知れないと思った。しかし、人がいなかった。人が写っている写真を撮るのが難しいほど閑散としていた
四谷
四谷
千代田区外濠


 近所のサクラ並木はもう終わった。何かを失ったような寂しさであった。2週間の短い間、サクラは人々に希望と喜びを与えてくれた。サクラをもっと大切にしようと思った。サクラが輝いている瞬間を記録して、もっと沢山の人に分かち合おうと思った。きっと、サクラもそれを喜んでくれるだろう。
高田馬場神田川


 (07/04/09 17:21)  





■関連文章
  • 世界でもっとも美しい都市の夜景(07/03/12)
  • 写真報道:世界の珍しいニュース精選(07/02/07)
  • 【写真コンテスト】散髪(07/02/06)
  • 【写真コンテスト】これ、な~に?(07/02/04)
  • グーグルアース、軍事機密漏洩で各国から非難(07/01/28)
  • 【写真コンテスト】満足(07/01/23)
  • 【草木染めの植物】椿(07/01/19)
  • 北京:30歳代男性自爆、現場写真記録は警察が押収(07/01/18)
  • 第1回「年末・年始の街角の風景」デジタル写真コンテスト、優秀作品発表(07/01/17)
  • 【写真コンテスト】慈母の手中の針と糸(07/01/13)
  • 【写真コンテスト】おじいさんの散髪屋さん(07/01/10)
  • 倒影の美(2)(07/01/07)
  • 倒影の美(1)(07/01/07)
  • 【写真コンテスト】永久の愛(07/01/06)
  • 【写真コンテスト】大紀元グローバル写真コンテストの応募作品紹介(07/01/06)