印刷版   

日本国債の海外説明会を4月16日から中東で開催=財務省

 財務省は5日、日本国債の海外説明会を16日から中東で開催すると発表した。海外での説明会は7回目。日程は16日ドーハ、17日クウェート、18日リャド、19日アブダビで、19日には渡辺博史財務官、鷲見周久国債企画課長が記者会見を行う。

[東京 5日 ロイター]

 (07/04/05 18:19)  





■関連文章
  • 2007年度予算案、参院本会議で可決・成立(07/03/27)
  • 米財務省が米銀とBDAの取引を正式禁止、北朝鮮の凍結資産請求に道(07/03/15)
  • 中国人民銀行は米国債の購入を続ける=副総裁(07/03/12)
  • マカオの銀行の北朝鮮口座凍結問題、解決の用意ある=米財務次官補代理(07/02/27)
  • 利上げなら日本国債への関心高まる可能性=海外専門家(07/02/21)
  • 北朝鮮、6カ国協議で2度目の核実験計画を表明か(07/02/01)
  • イランと北朝鮮の金融面でのつながり、ミサイル技術拡散の恐れ=米財務省(07/01/10)
  • 外国中銀の米財務省証券・機関債保有高、前週比130.4億ドル減(06/09/22)
  • 米中間の協議、為替問題に限らず=米財務省報道官(06/09/12)
  • 07年度の国債発行、30兆円以下に抑える努力の継続必要=官房長官(06/07/14)
  • 米財務省:イラン大量破壊兵器の支援企業4社に経済制裁(06/06/15)
  • ジンバブエのインフレ率、過去最高1000%(06/05/14)
  • 米財務省、人民元相場の切り上げ柔軟化を要求(06/03/20)
  • 日韓財務相、「外貨スワップ協定」に合意(06/02/08)
  • 日韓の民銀、「マカオ匯業銀行」との提携業務を中止(06/02/06)