印刷版   

抗HIV新薬「プレジスタ」、投与結果は良好=研究

 米医療関連用品大手ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(JNJ.N: 株価, 企業情報 , レポート)傘下の製薬会社ティボテックの抗HIV治療薬「プレジスタ」が、HIVウイルスに感染してから一定期間が経過した患者の発病を抑える効果に優れているという研究結果が明らかになった。スペインのバルセロナにあるHospital Universitari Germans Trias i Pujolのボナベンチュラ・クロテット博士の研究チームが医学専門誌ランセットの4月4日号で発表した。

 多くの抗エイズ薬が、HIVの突然変異によって効果が薄れてしまう中、新しいエイズ治療法の必要性が高まっている。

 プレジスタ(一般名「ダルナビル」)は「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)阻害剤」に分類され、ウイルスの増殖を阻害することでHIVを抑圧する。

 約11カ月間にわたった同研究では、患者110人にプレジスタと既存のプロテアーゼ阻害剤「リトナビル」の少量を合わせて投与したほか、120人には複数の別のプロテアーゼ阻害剤を投与した。この結果、プレジスタを投与された患者の45パーセントに、血中のHIVウイルス濃度が検出不能なレベルまで低下する効果がみられたという。一方、他の薬を投与されたグループで同様の効果が確認された割合は10パーセントだった。

 研究チームでは、プレジスタがほかの治療で効果が無かった患者に治療の選択肢を広げると期待している。

 プレジスタは、昨年米食品医薬品局(FDA)の承認を受けたほか、3月には欧州連合(EU)圏内27カ国で条件付き販売許可が下りていた。

[ワシントン 4日 ロイター]

 (07/04/06 08:39)  





■関連文章
  • 中国河南省:エイズ予防活動家ら、依然として軟禁=RFA(07/03/18)
  • 中国:伝染病発生、はしかが蔓延(07/03/17)
  • 中国河南省当局、中国のエイズ予防活動家・医師の渡米阻止(07/02/08)
  • 中国:ほぼゼロの健康教育費(07/01/06)
  • 外国人医療職員6人死刑判決=リビア(06/12/20)
  • 2006年、中国のエイズ感染者30%激増(06/12/03)
  • 調査報告:エイズ認識低い中国官僚(06/11/17)
  • ビル・ゲイツ基金、インドのエイズ対策に2300万ドル提供(06/10/26)
  • 新彊:エイズ予防民間組織が強制閉鎖、B型肝炎キャリア支援が原因(06/10/26)
  • 中国の極貧地区で血液売買盛ん、伝染病流行の恐れ(06/06/19)
  • 河南省の大学生500人余りが発熱、SARSの疑い(06/04/15)
  • 中国:鳥インフルエンザ等、新しい伝染病が相次いで発生(06/04/07)
  • 中国:エイズ支援者・胡佳氏、釈放(06/03/30)
  • 中共上層部のエイズ裏事情(06/02/23)
  • WHO:中国にエイズ流行を警告(06/01/28)