季節の養生法・春に特有な疲労感とその解消法

2007/04/24 15:34
 【大紀元日本4月24日】春の時期に、何となく疲れる、眠いと感じる人は少なくない。自然に季節の変化があれば、体の中も季節とともに新陳代謝の状態が変わると、漢方医学の理論では考えている。

 春は、体が冬のスローペースの代謝状態から活発な代謝状態に変わる時期である。このチェンジがスムーズにできるかどうかは、春先に特有な疲れ感や眠いなどの症状の強さに関係がある。スムーズにチェンジできない人は、漢方医学の理論から考えれば、肝臓の機能が少し弱くなっている可能性がある。このような人は、以下の方法を参考にして肝臓の機能を助けよう。

 一、朝、木が多いところでゆったりと散歩する
 一、少し早めに休んで朝寝坊をせず、寝不足や寝過ぎに気をつける。睡眠時間は一日8時間ぐらいがよい。
 一、テレビを見るなどの目を使う時間を減らす。
 一、春に採れた野菜を多めに摂る。
 一、冷たい飲食物を控える。
 一、酸っぱい食べ物を控えて、甘い食べ物を少し増やす。

(漢方医師 甄 立学)
注目記事
^