中国河北省:中央テレビ局記者3人、汚染企業取材中に襲撃される

2007/04/09 11:42
 【大紀元日本4月9日】中国中央テレビ局国際ネット報道によると、中央テレビ局記者3人が4月6日、中国河北省で汚染物を排出する工場の取材中に、20数人の暴漢らに襲撃され、女性記者1人がひどく殴られ全身傷だらけになったという。

 中央テレビ局「経済30分」の番組では、高エネルギー消費や高い汚染について世論監督シリーズ特集を組んでおり、番組制作のために、記者3人が4月6日、河北省秦皇島市昌黎県朱各荘鎮の違法稼動を行っている製鉄工場に対して取材を行った。

 しかし、3人は車で取材に向かう途中で、白いマイクロバスに道路を遮られ、バスから降りてきた14~15人の暴漢らに記者たちのカメラを奪われると同時に、後から来た黒いホンダ車(ナンバープレート:C67776)に乗っていた5~6人らとあわせて20数人の暴漢らに携帯電話、車のキー、運転免許証、紹介状を奪われ、3人を車の外へ引き摺り下ろしたという。

 報道によると、暴漢らは唯一の女性記者の髪の毛を強く引っ張り、車外へ引き摺り下ろしてから、そのまま水深十数メートルもある川へ引きずり込んだという。男性記者が助けようとして暴漢らを制止したが、胸あたりを数回強く蹴られたという。女性記者は手、顔、腰など何箇所も怪我を負ったという。

 女性記者を河へ引きずり込もうとした身分不詳の暴漢らは、3人の記者を殴りながら「一人ずつ死なせるのだ」を叫んだという。

 報道によると、中国国内で違法に汚染物を排出する沢山の企業は非常に傲慢な態度を取っており、中央テレビ局の記者はこれら高汚染企業を取材する際、企業関係者とみられる暴漢らに襲撃されることは初めてではなかった。実際、数年前に、同テレビ局記者が中国国家環境保護総局環境執行検査チームに同行し、汚染企業に対して取材調査を行ったときに、山西省忻州市保徳県宣寶聨営焦化工場で、同工場長と従業員らに囲まれ暴行された上、記者は強制的に土下座させられたという。最終的に、環境総局検査チームの者が駆けつけてから、工場側がようやく記者を解放したという。

関連記事
注目記事
^