印刷版   

円が下落、G7声明受け1ユーロ162円台=ウェリントン市場

 16日午前のウェリントン外為市場で、円が対ユーロで最安値に下落。週末の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、このところの円安について踏み込んだ議論が行われなかったため。

 ワシントンで開かれたG7が発表した共同声明は、為替に関する部分について「為替レートは経済ファンダメンタルズを反映すべき」とし、「多額かつ増加する経常収支黒字を有する新興市場国」として中国を名指しして「実効為替レートが、必要な調整が進むように変動することが望ましい」と前回のエッセンG7声明の内容を踏襲した。

 ロイター・データによると、ユーロ/円は1ユーロ=162.22円の最高値に上昇。2030GMT(日本時間16日午前5時30分)現在、161.76/86円。13日終盤のニューヨーク市場では161.24円だった。

 ドル/円は、7週間ぶり高値となる1ドル=119.75円に上昇した後、119.45/47円で取引されている。13日終盤のニューヨーク市場では119.18円だった。

 トレーダーからは、G7は事実上、円キャリートレード継続にゴーサインを出したようなもの、との指摘がでている。

[ウェリントン 16日 ロイター]

 (07/04/16 08:13)  





■関連文章
  • G7で円安を問題視する発言出ず、金融政策運営は声明と整合的(07/04/14)
  • 円安の中でトヨタが新安値、夏まで株価不振の恐れも(07/04/13)
  • 中国外務省、G7への中国不参加を確認(07/04/13)
  • 中国はG7関連協議に李勇・事務次官を派遣=財政省当局者(07/04/12)
  • ユーロが対円で最高値、160円を上回る水準=EBS(07/04/11)
  • G7で円について協議される可能性高い=カナダ財務相(07/04/03)
  • 円安とキャリートレードが多くの国に影響=IMF専務理事(07/02/27)
  • ドル/人民元7・75元台突破、金融・労働市場への影響を懸念(07/02/16)
  • 日経平均が終値で昨年来高値、通期見通しの上積みに期待感(07/02/14)
  • アジア通貨が総じて下落、軟調な円に追随(07/02/13)
  • 円安認識にG7内で温度差、議論出れば収れんさせたい=財務相幹部(07/02/10)
  • G7で円の状況について協議することは確実=ユーログループ議長(07/02/06)
  • ユーログループ、来週のG7控え円安に懸念表明(07/01/30)
  • ユーログループ、弱い円に対しより強いG7メッセージ求める意向=関係筋(07/01/25)
  • 日銀利上げ見送り、政治的影響による印象=ユーログループ議長(07/01/19)