印刷版   

中国、G7の世界経済に関する議論に参加せず=ドイツ財務省当局者

 ドイツ財務省当局者は10日、中国は13日にワシントンで開催される7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で世界経済に関する議論には参加しないと述べた。中国は世界経済に関する議論に招かれているが、同当局者は「現実的な理由」から中国は議論に参加しないと述べた。


[ベルリン 10日 ロイター]

 (07/04/11 08:20)  





■関連文章
  • ベルリンの壁の一部、撤去され姿消す=新聞(07/04/09)
  • 95歳のドイツ人女性の機転で連続窃盗犯逮捕(07/04/06)
  • 日本国債の海外説明会を4月16日から中東で開催=財務省(07/04/05)
  • G7で円について協議される可能性高い=カナダ財務相(07/04/03)
  • 世界の不均衡是正、ドル下落とアジア通貨急伸が必要=エコノミスト(07/03/28)
  • EUが「ベルリン宣言」採択、独首相は組織構造改革を強調(07/03/26)
  • 記憶力の向上には香りが有効=独調査(07/03/16)
  • 米財務省が米銀とBDAの取引を正式禁止、北朝鮮の凍結資産請求に道(07/03/15)
  • 新唐人「新年祝賀祭」:ベルリン初公演初日、観客3千人を魅了(07/03/02)
  • ドイツ人男性、60人前のビュッフェ盗んで有罪に(07/02/28)
  • マカオの銀行の北朝鮮口座凍結問題、解決の用意ある=米財務次官補代理(07/02/27)
  • インドや中国など新興諸国、世界経済拡大に責務=米財務次官(07/02/17)
  • アジア通貨が総じて下落、軟調な円に追随(07/02/13)
  • 円安認識にG7内で温度差、議論出れば収れんさせたい=財務相幹部(07/02/10)
  • ドイツの女子学生、授業を無断欠席で収監へ(07/02/08)