印刷版   

4月6日、中国当局、外国銀行の現地法人に対する税制を公表。写真は江蘇省にある銀行で。昨年11月撮影(2007年 ロイター/China Daily)

中国当局、外国銀行の現地法人に対する税制を公表

 中国の国家税務総局は外国銀行の現地法人に対する税制を公表した。外銀から現法あるいは支店への資産移転について、事業税や付加価値税の対象から除外するとしている。国家税務総局のウェブサイトに掲載された3月26日付の規則によると、現地法人は引き続きこれまでの優遇税制措置を受けることができる。

[北京 6日 ロイター]

 (07/04/07 14:14)  





■関連文章
  • 中国が預金準備率引き上げ、昨年6月以来6回目(07/04/06)
  • 中国経済はハードランディング回避の可能性高い=人民銀行総裁(07/03/20)
  • 中国、1年物貸出・預金金利を引き上げ(07/03/18)
  • 中国人民銀行は米国債の購入を続ける=副総裁(07/03/12)
  • 中国国内消費低迷、低い労働賃金が原因=世界銀行(07/02/23)
  • 韓国の銀行、独身女性行員にお見合いの「福利厚生」(07/02/21)
  • 程暁農:中国株式市場の暴騰、金融危機の可能性(07/02/20)
  • 中国人民銀行、外貨準備を人為的に抑制=ゴールドマン(07/02/19)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(3・最終回)(07/02/11)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(2)(07/02/10)
  • 何清漣:中国対外開放政策の重大な変化(1)(07/02/09)
  • ワシントンポスト:中共が政策転換、外資の対中投資を制限(07/02/06)
  • 中国、一部鉄鋼製品へのVAT払い戻し制度の見直し検討(07/02/05)
  • 中国全人代、3月に法人税の一本化法案を審議へ(07/01/24)
  • 北京の貧困学生、春節に帰省できず(07/01/18)