印刷版   


プーチン・ロシア大統領は引退後も影響力を維持=下院議長

 ロシアのグリズロフ下院議長(統一ロシア党首)は22日、プーチン大統領は2008年の引退後も影響力を維持し「国家の指導者」にとどまるだろうと述べた。

 プーチン大統領は、4年の任期を2期務めた後、2008年に引退すると表明しているが、先月の演説ではその後も影響力を維持すると示唆した。

 グリズロフ議長は、統一ロシアの党会合で「現在、ウラディーミル・プーチンという指導者がおり、彼は今後も君臨する」と語った。

 また、国家の指導者という表現について記者団に質問され「指導者になるのに特定の役職に就いている必要はない」と述べた。

 このほか議長は、一連の大統領演説からの構想をベースにした「プーチン計画」を打ち出した。党幹部らは、これが12月に行われる議会選挙のマニフェストの原案になるとみている。

 [モスクワ 22日 ロイター]

 (07/05/24 09:30)  





■関連文章
  • ロシア:HIV感染者急増、10年後の労働人口に影響=専門家(07/05/23)
  • 英検察、リトビネンコ氏毒殺事件で旧ソ連情報機関職員を起訴へ(07/05/23)
  • ロシアの国際法連続違反、73歳の国連難民を中国強制送還(07/05/18)
  • ロシア、中央アジア諸国との資源外交で先手技(07/05/15)
  • プーチン大統領、中央アジアでの資源外交に出発(07/05/11)
  • ダライ・ラマ、米大学で講演し数年以内の引退を示唆(07/05/10)
  • 国際的非難の中、中露が対スーダン武器輸出(07/05/09)
  • 「ロシアの白熊」が国内政局に遺したもの(07/04/25)
  • ロシアのエリツィン前大統領が死去(07/04/24)
  • ロシア治安当局、元チェス世界王者・カスパロフ氏を尋問(07/04/21)
  • ロシア科学者:地球に超能力の新人種が出現(07/04/21)
  • ロシア、イランのブシェール原発近くでのミサイル訓練を批判(07/04/12)
  • 露政府、憲法無視、国連難民を中国へ強制送還(07/03/31)
  • ロシア炭鉱爆発事故、死者106人(07/03/21)
  • シラク仏大統領が引退表明(07/03/12)