印刷版   

S・スタローン、豪州への薬物持込みで有罪認める

 オーストラリアへの禁止薬物持ち込みの罪で訴えられていた米俳優シルベスター・スタローン氏(60)が15日、罪状を認めた上で謝罪を表明した。

 同氏の弁護人が、シドニーの裁判所で起訴事実を認めた。本人は出廷しなかった。

 スタローン氏は今年2月中旬、新作映画「ロッキー・ザ・ファイナル」のプロモーションのためにオーストラリアを訪問。シドニー空港の税関検査でヒト成長ホルモンの小瓶48個を押収されていた。

[シドニー 15日 ロイター]

 (07/05/16 17:30)  





■関連文章
  • 薬物駆除された野ねずみが料理に、佛山市全面禁止発令=中国広東省(07/04/06)
  • シドニーでオペラハウスなど一斉消灯、温暖化対策を訴え(07/04/01)
  • 故クロコダイルハンターゆかりの豪動物園、ワニなど盗まれる(07/03/20)
  • S・スタローン、輸入禁止品の持ち込みで豪税関が提訴(07/03/14)
  • ドイツ人男性、60人前のビュッフェ盗んで有罪に(07/02/28)
  • 中国のドーピング、アマ選手にも浸透=北京五輪組織委(07/01/19)
  • S・スタローン、ロッキー完結編のプレミアに登場(07/01/17)
  • 豪州議員ら中国大使に書簡、中国の臓器狩り独立調査要請(06/12/17)
  • 豪カンタス航空、買収提案を受け入れ=関係筋(06/12/14)
  • 日豪首脳、EPA交渉開始で合意=塩崎官房長官(06/12/13)
  • 豪州主要病院、中国外科医研修と臓器移植の共同研究禁止(06/12/07)
  • 中国臓器狩り国際調査団=豪ニュー・サウス・ウェールズ州支部結成、政界関係者など参加(訂(06/12/02)
  • 豪政府、北朝鮮船舶の臨検実施支援のため軍艦1隻を派遣可能=国防相(06/10/23)
  • 中国臓器狩り:豪州議会議員ら、議会議事堂前で中国の大量虐殺を非難(06/10/20)
  • 豪州華僑、中共の豪最新兵器への接触を暴露した理由を語る(06/10/19)