印刷版   

中国の広東省、愛人を囲うことを禁じる法律を立案中

 中国の広東省では、社会の調和を守るため、愛人を囲うことを禁じる法律が立案されている。30日付の新京報が伝えた。同国では、セカンドハウスに愛人を抱えるビジネスマンが少なくない。この風習は、1949年の共産党政権樹立でいったんは下火になったものの、約30年にわたる市場改革と歩調を合わせるように復活しつつある。

 同記事は、同法案では女性の権利を保証するとともに、結婚している人が不倫のための「愛の巣」を持つことを禁じるとみられると報じた。

[北京 30日 ロイター]

 (07/05/30 22:55)