印刷版   

5月1日、米国雪氷データセンターの専門家は北極の氷冠が従来予想より30年早く溶ける可能性があると指摘。写真はノルウェーの北極海沿岸で先月26日撮影(2007年 ロイター/Francois Lenoir)

北極の氷冠、従来予想より30年早く溶ける可能性=米専門家

 米国雪氷データセンター(NSIDC)の氷河学者テッド・スカンボス氏は1日、北極の氷冠が当初の予想よりはるかに速いペースで溶けているとの見方を示した。

 夏に北極海の氷が溶けて全く無くなってしまう、あるいはほぼない状態となる時期について、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は2050年と予想しているが、それが30年ほど早い2020年となる可能性があると指摘している。

 同氏は電話での取材に対し、夏の間に北極海の氷がなくなれば、地球温暖化が大きく進展することになるとしたうえで「現時点では北極が地球を冷やすことに一役買っているが、北極の氷が無くなったり非常に少なくなったりすれば、地球温暖化は加速することになるだろう」と述べた。

 また「IPCCの報告は非常に慎重かつ綿密で注意深く、それ故に、起こり得る可能性よりも確実に起きることに偏り過ぎた」としている。

[ワシントン 1日 ロイター]

 (07/05/02 17:28)  





■関連文章
  • 気候変動に関する国際会議、中国の要求で難航も(07/05/01)
  • 中国氷河面積激減、河川水源・食糧生産の影響を懸念(07/04/26)
  • IPCC:地球温暖化持続すれば、動植物が消え天災が増えると警告(07/04/08)
  • ゴア前米副大統領の温暖化防止ライブ、会場決まらず(07/04/01)
  • 中国四川省:継続する旱魃、農作面積被害甚大(07/03/13)
  • 北京:真冬に最高気温16℃、167年ぶりの暖冬(07/02/09)
  • グリーンランド、消失の危機(07/01/23)
  • 米ロサンゼルス近郊で約20年ぶりの降雪(07/01/19)
  • オーストラリア、地球温暖化の進行速い=気象局(07/01/04)
  • 気象専門家:2007年、史上で最も気温の高い年になる(07/01/03)
  • 北極の氷、2040年には無くなる可能性=米研究者(06/12/13)
  • 国際エネルギー機関発表:中国、2009年世界で最も深刻な大気汚染国(06/11/20)
  • ミスアース各国代表、水着姿で「環境対策」呼びかけ(06/11/10)
  • 水の都ベニス、水害の危機に直面 30年後には無人の恐れも(06/09/08)
  • 地球温暖化:水没の危機に直面する上海(06/08/18)