印刷版   

コンピューターウイルスの無料配布、感染希望者は409人

 コンピューターの専門家がインターネット上に「ウイルスのダウンロード広告」を出したところ、半年で400人以上がダウンロード希望のクリックをしていたことが分かった。

 ITセキュリティー専門家のディディエ・スティーブンス氏が、グーグルのアドワーズを使って「あなたのコンピューターはウイルス無しですか?ここで感染できます!」とうたった6カ月の広告キャンペーンを行ったところ、合計409人のダウンロード希望があったという。

 この結果を受け、データ・セキュリティー会社F・セキュアのリサーチ責任者ミッコ・ヒッポネン氏は「一部の人は誤って(ダウンロードする選択を)クリックしたに違いない。ほかの人は好奇心旺盛だったか、単に浅はかだったに違いない」と語った。

 スティーブンス氏がロイターに語ったところによると、実はこれは、この種の広告システムが悪意に使われる可能性があることを示すために行った実験で、クリックしても実際にコンピューターウイルスがダウンロードされることはないという。

[ヘルシンキ 22日 ロイター]

 (07/05/23 16:57)