印刷版   

 5月9日、チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(写真)が数年以内の引退を考えていることを明らかに。1月撮影(2007年 ロイター/Jayanta Dey)

ダライ・ラマ、米大学で講演し数年以内の引退を示唆

チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世(71)が9日、数年以内の引退を考えていることを明らかにした。ラマ氏が、当地のスミス・カレッジで学生や教員など約5000人を前に行った講演で語った。

 ラマ氏は、自身は現在半隠居状態だとした上で、「数年以内には完全に隠居するつもりだ」と述べた。

 ラマ氏は、1959年以降インド北部のダラムサラを拠点にチベット亡命政府の樹立を目指す運動を続けており、1989年にはノーベル平和賞に輝いた。


[ノーサンプトン(米マサチューセッツ州) 9日 ロイター] 

 (07/05/10 20:46)  





■関連文章
  • ダライ・ラマ特使、中国当局にパンチェン・ラマ釈放要求(07/04/29)
  • チベット・ラサ市:500人のチベット人、ダライ・ラマ法王へ祈り捧ぐ(07/03/26)
  • シラク仏大統領が引退表明(07/03/12)
  • かつて世界最年少の政治犯、パンチェン・ラマ11世はいずこ(06/12/16)
  • チベット亡命政府特使、ダライ・ラマ亡き後のチベット懸念(06/12/07)
  • F1=M・シューマッハー、現役復帰を否定(06/11/23)
  • 胡総書記訪印:亡命チベット人6千人デモ、自治権求める(06/11/22)
  • 広島国際平和会議:ダライ・ラマ14世、望むのは「自治」(06/11/05)
  • ダライ・ラマ:後任は亡命チベット人に(06/08/13)
  • サッカー=ドイツGKカーンが代表引退を表明(06/07/09)
  • サッカー=フィーゴとパウレタが代表引退表明(06/07/09)
  • サッカー=中田が突然の現役引退、半年前から引退を決意(06/07/04)
  • ボクシング元ヘビー級チャンプ、フロイド・パターソン氏が逝去(06/05/14)
  • ダライ・ラマ:パンチェン・ラマの発言、中共政権の強要(06/01/02)
  • 北京認定バンチェン・ラマ、中共政権下のチベット宗教自由賞賛(05/12/28)