印刷版   

北朝鮮はウラン濃縮計画を公表する必要=米国務次官補

 北朝鮮訪問を終えたヒル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)は25日記者会見し、年内に朝鮮半島和平に関する協議が実現するよう期待すると述べる一方、北朝鮮はウラン濃縮プログラムについて明らかにしならなければならないと強調した。また、今後も米国の国益に従って数回訪朝する考えを示した。

 北朝鮮は、マカオの銀行に凍結されていた資金が返還されたことを受けて2月の6カ国協議での合意を履行する意向を表明したが、米国は北朝鮮には高濃縮ウランを使用した第2の核プログラムが存在すると考えており、北朝鮮に対し、6カ国協議の合意に基づき詳細な計画を公表するよう求める考えを明らかにした。

 ヒル次官補は、寧辺の核施設閉鎖は「多くの段階の第1歩」にすぎないと指摘、「すべてがうまくいけば、07年末までに施設の閉鎖および無能力化を完了し、和平協議を行いたい」と語った。

 さらに、高濃縮ウランの問題解決は次の最も差し迫ったやっかいな課題だとして、「極めて近い将来、この問題に取り組む必要がある」と述べた。

[ワシントン 25日 ロイター]

 (07/06/26 17:46)  





■関連文章
  • 韓国、北朝鮮へのコメ支援を6月30日から再開(07/06/26)
  • ロシアの銀行、北朝鮮に2500万ドル送金=ウェブサイト(07/06/25)
  • 中共スパイ工作:国際社会が強い関心、米政府機関・議員ら、情報提供呼びかけ(07/06/25)
  • IAEA実務代表団、26日に北朝鮮に到着=事務局長(07/06/23)
  • 北朝鮮、3週間以内に核施設の稼動停止へ=米国務次官補(07/06/23)
  • 北朝鮮、核原子炉を停止する用意がある=米国務次官補(07/06/23)
  • IAEA代表団の北朝鮮訪問は保留=北朝鮮スポークスマン(07/06/22)
  • ヒル米国務次官補が21日に北朝鮮を訪問=官房長官(07/06/21)
  • 6カ国協議、7月初旬に再開の可能性=米国務次官補(07/06/21)
  • 北朝鮮、短距離ミサイルを日本海に向け発射=報道(07/06/20)
  • IAEA代表団が北朝鮮を来週訪問、査察団派遣協議で(07/06/19)
  • 北朝鮮、7月下旬に寧辺の原子炉封印の計画(07/06/18)
  • ヒル米国務次官補、北朝鮮のIAEA代表団招請を歓迎(07/06/18)
  • 北朝鮮の核兵器放棄、資金移管問題より困難=韓国外交通省(07/06/15)
  • BDA、北朝鮮関連資金を送金=マカオ政府(07/06/15)