印刷版   

4歳少年が風船で文通相手探し、届いた先は英女王

 英国の4歳の少年が文通相手を探すために風船を飛ばしたが、風船が届いた相手はエリザベス英女王だった。デーリー・メール紙の報道によれば、ロンドン西方のハンプシャー州に住むトム・スタンコム君は、外国の文通相手を探そうと、メッセージを付けたヘリウムガス入りの風船を飛ばしたが、その風船はわずか32キロ先のウィンザー城に落ちたという。

 女王は執事に返事を書かせ、トム君は両親に手伝ってもらいながら、何度か手紙のやり取りをしたという。執事からの手紙には「(女王は)あなたの風船がはるばるウィンザー城の庭まで届いたことを喜んでいます」と書かれていた。

 トム君の父親は手紙のやりとりがさらに続くと思うか尋ねられると、「もう手紙は来ないだろうと思いますが、わざわざ返事をくれたことそのものが信じられません」と答えた。

[ロンドン 30日 ロイター]

 (07/06/01 07:20)