健康の元

2007/06/02 20:55
 【大紀元日本6月2日】子夏と曽子とは、孔子の一門だ。ある日、二人は街でバッタリ会った。曽子は、子夏を上から下までじっくり見て尋ねた。「君はずっと病気がちで、骨と皮ばかりであったのに、どうして最近そんなに太ったのか、何かいいことでもあったのか?」子夏は得意になって答えた。「最近、大きな勝負に勝って、気持ちが晴れ晴れしているから、太ったのさ」。

 「いったどういうことだ?」曽子は怪訝な様子で問うた。「私は本で、堯禹湯の道徳仁義を読んだ後、賞賛とともにこれを慕う気持ちが出てきて、善道を守る人になりたいと思った。しかし、街に出て世俗の栄耀富貴を目にすると、物欲の誘惑を禁じえず、往々にして社会的にうまく立ち回って成功したいと思うようになった。この二つの思いが、日夜私の脳裏で戦いを始め、一時として安息の時がなかった。それゆえ、私は箸も手に着かなくなり、痩せて、病気がちになってしまった」。

 「それで、どっちが勝ったのだ?」子夏は二重あごをなでながら、「先人の道徳仁義のほうが勝ったんだ!だから、ご覧の通り、肥えてきたんだよ!」

 実際、古今東西の多くの賢者聖人が悟っているように、人の私欲は一種の物質であり、一種の非常によくないものだ。それは、人の疾病を引き起こす最大の要因である。人が追い求めれば追い求めるほど、この種の物質は体内により多く蓄積され、その結果、人は病気がちになる。人がもし、自分の各種の私心と雑念に打ち勝つことができ、世俗の栄耀富貴に拘泥せず、物欲の誘惑を受けず、各種の利益を前にして端然としていることができれば、その人は宇宙のリズムに順応したことになる。このとき、人の境涯は高められ、思想は昇華し、そのような身体の物質はこれに随って昇華し、改変され、無病或いは病気に罹りにくい状態になる。

注目記事
^