印刷版   

グローバル化と移民、欧州の賃金抑制に寄与=スペイン中銀総裁

 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのオルドネス・スペイン中銀総裁は3日、グローバリゼーションと移民が賃金抑制と労働市場の柔軟性拡大に寄与してきたとしながらも、ECBはインフレを楽観視すべきではない、との考えを示した。

 総裁は、当地で開催された会議で講演し、ECBの現在の金融政策姿勢は緩和的だとしたうえで、ECBの金融政策はその歴史上ほとんどにおいて緩和的であったと述べた。

 「ECB理事会は、インフレ期待を引き続き抑制できていることを誇らしく思っている。ただ、楽観視する余地はない。インフレ抑制には継続的なサポートが必要だ」とし、不況時にはインフレ抑制に対する社会的な支持が弱まる可能性があると指摘した。

 グローバリゼーションについては、欧州での賃金上昇の重しとなり、消費者物価指数(CPI)の抑制に寄与してきたと指摘。また、とりわけスペインなどでは移民が労働市場の柔軟性拡大に貢献しているとした。

 ただ、移民が労働市場の改革回避の口実に使われるべきではないとし、「移民の有益な効果が労働市場改革を目指す政治的意思を削ぎ、労働市場が実際よりも効率的であるような印象を与えるのではと懸念している。政治家が事態を楽観視してしまう恐れがある」と述べた。

[キール(ドイツ) 3日 ロイター]

 (07/06/04 10:12)  





■関連文章
  • 米国:3人に1人がマイノリティー(07/05/26)
  • 中国深圳市:5人に1人が精神病患者(07/04/02)
  • 中国:食品価格の上昇がインフレ圧力に(07/03/20)
  • 米国レストランは「過食」を奨励=米消費者団体(07/02/27)
  • 中国大連市:青森産リンゴ、1個12万円の仰天価格(07/02/12)
  • 個人的には日本はデフレ状態にはないと考えている=尾身財務相(07/01/09)
  • 07年の中国人民元相場、3‐4%上昇へ=政府系シンクタンク(06/12/26)
  • 世界消費者信頼感指数、インドがトップ=調査(06/12/14)
  • 米年末商戦、消費者の67%がウォルマートで買い物(06/12/04)
  • フランス、バス放火で機動隊員を増派(06/10/30)
  • 米人口3億突破、中国・インドに次ぎ世界第3位(06/10/17)
  • 7月全国CPI、基準改定で前年比0.5ポイント程度の下押し(06/08/25)
  • 基準改定後の7月全国コアCPIは前年比+0.2%、予想下回る(06/08/25)
  • 予想比弱めのCPI受けて円売り=東京外為市場(06/08/25)
  • 来週の東京株式市場はしっかり、外国人次第で一段高も(06/08/18)