印刷版   

日銀は金利を段階的に引き上げていく=福井総裁

 福井日銀総裁は5日、しっかりとした経済成長と来年加速が見込まれるインフレに合わせ、金利を段階的に引き上げていく、との見通しを示した。同総裁は、南アフリカのケープタウンで開かれた国際通貨会議に衛星を通じて参加した。

 総裁は、横ばいないしは下落している最近の物価状況を考慮し、これまでの利上げペースはゆっくりとしており、金融政策は全般的に緩和的とした。「さまざまなリスク要因を見極めながら成長や物価安定の持続性を確認する、これまでと同様の方法で今後も金融政策を実施していく」と指摘。「経済ファンダメンタルズの改善に合わせ、金利を段階的に調整していく。この調整に関し事前に設定したタイムフレームはない」と述べた。

 総裁は、日本経済が今年、潜在成長率をやや上回るしっかりとした成長の軌道にのっており、個人や企業の支出も徐々に上向いていると述べた。

 「2008年度については、過去4年と同様に、引き続き2%付近の経済成長軌道にあると予想する」と指摘。「言い換えれば、日本経済が引き続き、潜在成長率をやや上回るペースで推移するということだ」と述べた。

 さらに「堅調な世界経済の成長や緩和的な金融環境を背景に、民間需要は財政再建による影響を吸収する以上に増加する可能性が高いとみられる」と語った。

 中国経済に関しては「固定資産投資や輸出が引き続き急増しており、過熱の可能性に留意する必要がある」と述べた。

[ケープタウン 5日 ロイター]

 (07/06/06 10:42)  





■関連文章
  • くすぶる参院選前の利上げ説、与党からは警戒の声(07/05/29)
  • 中国、基準金利を再度引き上げる必要―有力エコノミスト=地元紙(07/04/16)
  • 現行金融政策維持、全員一致で決定=日銀決定会合(07/04/10)
  • 福井総裁の村上ファンドへの拠出金、払い戻しが完了=日銀(07/04/09)
  • 中国が預金準備率引き上げ、昨年6月以来6回目(07/04/06)
  • 短観で労働需給タイト化、賃金・物価への波及で政府・日銀にギャップ(07/04/03)
  • 3月日銀短観、大企業製造業・業況判断指数が悪化(07/04/02)
  • 中国の利上げ観測強まる、人民元は切り上げ後最高値(07/03/17)
  • 世界同時株安の懸念再燃、米金利低下なら波乱収束か(07/03/14)
  • 中国、一部の輸出企業への貸出金利割引を8日付で廃止(07/03/09)
  • 2月利上げ反対の日銀副総裁、物価先行き不確実性を懸念(07/03/08)
  • 上海株の下落、大きな調整の予兆─竹中元担当相=民放TV(07/03/04)
  • 利上げ後も株高シナリオ不変、円高に振れず安心感広がる(07/02/22)
  • 利上げなら日本国債への関心高まる可能性=海外専門家(07/02/21)
  • 尾身財務相発言に微妙な変化、利上げに不透明感(07/02/19)