環境汚染による死者が最も多い国

2007/06/20 07:31
 【大紀元日本6月20日】世界保健機関(WHO)によれば、毎年世界中で1300万人が環境汚染が原因で死亡しており、うち38%、約500万人がインドと中国での死者。死亡原因は2つあり、1つは不衛生な環境下での飲料水の汚染、もう1つは固形燃料の使用による室内の空気汚染が挙げられている。
 インドでは毎年262万8千人が環境汚染により死亡しており、中国を抜いて世界で最も多くの人が汚染のために死亡している国とされている。さらにインド圏内での疫病死亡原因の24%が飲料水の不浄や大気汚染、水路などで発生する蚊が運ぶマラリヤやデング熱に関連しているそうだ。
 死亡者は5歳以下の幼児が74%と圧倒的に多く、死因には下痢やぜんそくがふくまれているとのこと。
関連記事
注目記事
^