中国南部の水害、死者76人に

2007年06月14日 08時07分
 【大紀元日本6月14日】中国南部地域での暴雨による水害で、13日までに76人の死亡、13人の行方不明が確認されている。気象予報では、同日から3日間、暴雨が降ると発表した。

 中国民政部の最新の統計によると、6月12日夕方6時までに、中国南部地域で発生した水害で、被災者は1356万人達しているという。

 また、80万人は緊急避難、48万ヘクタールの農地が水没、6.9万軒の家屋が倒壊、直接の経済損失は47億人民元(約660億円)に達するという。

  福建省や湖南省、広西自治区、貴州省などの各地では、被災状況が安定し始めているが、暴雨が降る恐れのある山西省や、広東省では依然、油断できない状況だという。

 最新の気象予報によると、これからの3日間、雲南省西部と南部や、貴州省南部、華南地域、江南地域の中南部などの各地は、暴雨が降る恐れがあるという。

 気象専門家は、「今回の暴雨の降水量が多い上、短時間に雷雨や大風の恐れがあるため、洪水や地すべり、土石流、場合によっては、落雷による災害が発生する危険がある」と警告している。

 被災地の中、広東省や広西自治区、貴州省、湖南省の一部の地域において、死傷者が多く、被災状況は深刻であるという。

 民政部は、広東省や江西省、貴州省に対し、「国家自然災害救助緊急対応マニュアル」に基づき、一般レベル災害への対応策である4級緊急対応を発動した。

 中国水利部はこのほど、「今年、中国南部で水害、北部で干ばつが発生する可能性が高い。高温・干ばつや台風、暴雨の天候は例年より多くなる」と警鐘を鳴らした。

関連キーワード
^