印刷版   

ヒルトン受刑者を刑務所に送った検察官、身内を特別扱い

 米人気タレント、パリス・ヒルトン受刑者を早期に刑務所から出したことは有名人を特別扱いするものだと批判していた検察官が、自分の妻を9年間、逮捕から免れさせていたことが分かり非難を浴びている。

 渦中の人物はロサンゼルス市のロッキー・デルガディロ氏。20日付のロサンゼルス・タイムズ紙によると、デルガディロ氏の妻ミシェル被告は1998年、免許停止中に保険未加入で無登録車を運転した容疑で起訴され、裁判所への出頭を命じられていた。 

 しかし、ミシェル被告が公判に現れることはなく、裁判所はミシェル被告の逮捕状を発布していた。

 同紙報道の数時間後、ミシェル被告は裁判所に出廷し容疑を認めたため逮捕状は破棄されたが、それまでの9年間、ミシェル被告が身柄を拘束されることはなかった。

 デルガディロ氏の事務所によれば、ミシェル被告は1年間の保護観察処分と罰金431ドルを言い渡されたという。

 デルガディロ氏は先頃、ヒルトン受刑者を刑期途中で自宅での謹慎処分に切り替えたロサンゼルス郡保安官の決定を批判していた。

 その際、デルガディロ氏は「有力者や金持ちが特別扱いされるという刑務所制度の二重基準は看過できない」などと語っていた。

 ヒルトン受刑者に対し45日間の禁固刑を求刑したのは、デルガディロ氏が所属する事務所だった。

[ロサンゼルス 20日 ロイター]

 (07/06/22 01:48)  





■関連文章
  • パリス・ヒルトン 予定より一日早く収監(07/06/05)
  • パリス・ヒルトン、飲酒運転で逮捕(06/09/08)
  • 韓国、北朝鮮工作員の容疑者を今月上旬に逮捕=聯合ニュース(06/08/21)
  • 北京大学新聞学院元助教授・焦国標氏、公安に連行される(06/08/21)
  • パキスタン、航空機爆破未遂事件に絡み先週2人の英国人を逮捕(06/08/11)
  • メル・ギブソンさん、飲酒運転で逮捕(06/07/29)
  • 河北省公安当局、人権活動家・郭起真氏の逮捕を通知(06/06/11)
  • スパイ疑惑のフェニックス・テレビ局上層部、家族も起訴へ(06/06/10)
  • インサイダー容疑で村上氏を逮捕=東京地検が正式発表(06/06/05)
  • カナダ警察、アルカイダに刺激されテロ計画した17人を逮捕(06/06/04)
  • 違法な臓器移植、「中共ならば平気でやる」、米議会で専門家が指摘(06/03/23)
  • 証人が暴露、中国秘密刑務所で生きた人から臓器摘出(06/03/21)
  • 中国の秘密刑務所、生きた人から臓器を強制摘出(06/03/17)
  • 大晦日、北京請願者たちの厳しい現実(06/01/31)
  • 海外へ逃亡、現代中国の10大悪党(06/01/22)