印刷版   

(Getty Images)

疲労運転と飲酒運転、同様の危険度

 【大紀元日本6月18日】カナダの研究によると、約20%のカナダ人は、過去12カ月間で運転中に居眠りをした経験があるという。この数字は410万人に相当する。

 専門家は、疲労運転は飲酒運転と同様に危険だと指摘している。 両者とも、反応が鈍い、注意力・判断力の低下などの特徴がある。

 カナダ保険局によると、カナダの交通死亡事故のうち26%は居眠り運転によるもので、毎年、カナダで約400人の運転者が居眠りによる交通事故で死亡しているという。

 研究の結果によると、連続17時間睡眠を取らない状態での運転の危険度は、血液中のアルコール含有量0・05%の飲酒運転と同じで、連続24時間睡眠を取らない状態での運転の危険度は、血液中のアルコール含有量1%の飲酒運転と同じである。

 研究者たちは、運転中の居眠り状況を把握する測定機器の開発を試みているが、現在まだ実用的なものはできていない。

 トラックやスクールバス、路線バスの安全運転を確保するために、カナダの一部の省は現在、法律を改正して、運転手に十分な睡眠を確保できるよう対策を講じている。

 (07/06/18 10:02)  





■関連文章
  • パリス・ヒルトン 予定より一日早く収監(07/06/05)
  • 「プリズン・ブレイク」の俳優、死亡事故で罪を認める(07/05/22)
  • 侵略性傾向もたらす「バーチャル・リアリティー」(07/05/01)
  • 季節の養生法・春に特有な疲労感とその解消法(07/04/24)
  • タイの旧正月、水掛祭りで死者318人(07/04/18)
  • 中国広東省:ユーターン・ラッシュ、交通事故続出(07/02/26)
  • 米ニューメキシコ州、飲酒運転防止に「話しかけるトイレ」(07/02/17)
  • 子供に関する親の最大の心配事はメディア=米調査(07/02/06)
  • 韓国外務省:駐韓国中共外交官に出頭要求、外交特権濫用で(07/01/06)
  • パリス・ヒルトン、飲酒運転で逮捕(06/09/08)
  • 中国の日本総領事前で数百人が抗議、タクシー運転手殴打めぐり(06/08/24)
  • メル・ギブソン、飲酒運転逮捕時の暴言でキャリア危機も(06/08/01)
  • メル・ギブソンさん、飲酒運転で逮捕(06/07/29)
  • 東急、田園都市線で急行列車がホームに接触・原因判明まで減速運転(06/06/26)
  • 南北朝鮮縦断鉄道、5月下旬に試運転合意(06/05/15)