印刷版   

イランとスーダンが国連要請に応じなければ一段の措置=サミット

 主要国首脳会議(ハイリゲンダム・サミット)は、イランとスーダンが引き続き国連安全保障理事会の要請に応じないのであれば、両国に対する「一段の措置」を支持するとの認識で一致した。

 声明では、イランが3回にわたり、安保理によるすべてのウラン濃縮活動停止を要求する決議に応じなかったことを遺憾とし「イランが義務履行を果たせないのであれば、一段の措置を講じることが支持される」と指摘した。さらに「イランに対し、研究・開発を含むウラン濃縮と(プルトニウム)製造活動の停止を再度、執拗に要求する」と述べた。

 スーダンのダルフール問題については、別の声明で、スーダン政府もしくは武装勢力が引き続き義務履行を怠るのであれば「安保理による一段の措置」を支持する、とした。

 
[ハイリゲンダム(ドイツ) 8日 ロイター]

 (07/06/09 17:39)  





■関連文章
  • 原油の供給不足と価格上昇を警告=イラン国営石油会社(07/06/02)
  • イラン、核活動停止する兆候みられず=米国務長官(07/06/02)
  • 中国、米のスーダン制裁措置に否定的 (07/05/30)
  • 中国の綱渡り外交「ダルフール問題」(07/05/26)
  • 国連はイラン制裁を強化すべき=ブッシュ米大統領(07/05/25)
  • イラン、ウラン濃縮活動を拡大=IAEA報告(07/05/24)
  • イランと北朝鮮、2国間関係強化で合意=イラン学生通信(07/05/14)
  • 国際的非難の中、中露が対スーダン武器輸出(07/05/09)
  • 五輪聖火、中共への非難を集中点火=米有力紙(07/05/05)
  • 北京五輪=虐殺五輪(07/05/01)
  • 日本とカザフが原子力協定交渉開始へ(07/05/01)
  • イラン通信省、「不道徳な」携帯電話メッセージを検閲へ(07/05/01)
  • 世界人権年度報告:中国の人権問題に重大な関心(07/04/29)
  • 仏大統領選:両候補、中国の人権問題改善を公約(07/04/29)
  • 攻撃受ければ米とイスラエル攻撃=イラン内務次官(07/04/27)