英語力不足による航空事故、24年間で死者約1100人

2007/07/08 11:26
 【大紀元日本7月8日】国際民間航空機関(International Civil aviation Organization, ICAO)はこのほど、1976年から2000年までの24年間に、英語のコミュニケーション能力不足による航空事故の死者は約1100人であると発表し、各国に対して、航空従事者の英語能力試験制度の実施を呼びかけた。

 報道によると、英語コミュニケーション能力不足による航空事故は世界的に増加する傾向がある。もっとも典型的な事例は1996年11月にインドのニューデリーで起きた事故。当時は、サウジアラビア航空会社の大型旅客機およびカザフスタン航空会社の貨物機が空中で衝突し、死者349人を出した。

 事故の原因はカザフスタン航空会社のパイロットの英語能力が不足のため、インド航空管制塔の指示を誤解して飛行高度を下げたからである。

 これに対して、国土交通省は4日、2007年8月1日より、日本国内各空港で勤務する2400人の航空管制官らに対して、英語能力を問う試験を課す方針を固めた。不合格者は業務に就けない。早ければ8月に導入され、3年に1回の実施を目指す。

関連記事
注目記事
^