印刷版   

牛のげっぷ削減、地球温暖化防止に役立つ可能性=英専門家

 英国を拠点とする草地環境研究所(IGER)の研究員が、牛のげっぷを減らすことが地球温暖化防止に役立つ可能性があるとの見方を示した。IGERのマイケル・アバートン氏が9日、ロンドンのサイエンス・メディアセンターで行った農業と気候に関する概況報告の中で述べた。

 地球温暖化が進む中、農業関係者は家畜が排出するメタンガスを減らす方法を模索しているが、同氏は新たな飼料の開発が家畜数の削減に代わる解決策になる可能性があるとしている。 

 同氏によると、平均的な乳牛は1日100─200リットルのメタンガスをげっぷで排出するが、繊維質やたんぱく質、糖分のバランスが取れ、牛が消化し易い飼料を開発することがカギだという。

[ロンドン 9日 ロイター]

 (07/07/11 09:16)  





■関連文章
  • 中国長江の水源地、流量激減、5つの危機に直面(07/07/11)
  • 【季節のテーブル】七夕の梵鐘(07/07/07)
  • タナバタ伝説(07/07/07)
  • 地球温暖化、冬眠しないヒグマ=中国青蔵高原(07/07/06)
  • 米大統領選の有力民主党候補、中国の為替改革求める法案支持(07/07/06)
  • 中国の圧力で世銀報告一部未公開、環境汚染で毎年75万人が早死=英紙(07/07/06)
  • 化学廃水汚染、断水続き20万人に影響=中国江蘇省(07/07/05)
  • 中国青海省:アジア型口蹄疫発生、牛107頭処分(07/07/05)
  • アラスカ北極圏、海岸浸食で動物の生息地に影響=米研究(07/07/04)
  • 2020年より前に、中国に政治危機が訪れる可能性指摘=ドイツ専門家ら(07/06/30)
  • 内モンゴル:火力発電所による環境汚染、住民らが抗議(07/06/30)
  • スイス:地球温暖化、平均値の倍速で進行(07/06/29)
  •  中国雲南省:「高原の真珠」滇池でも、藍藻が大量発生 (07/06/27)
  • 植物にも家族意識=英国学士院機関誌(07/06/26)
  • 何清漣:環境汚染と政府の管理・統制能力の危機(07/06/24)