中国広東省:女子大生が大規模抗議事件、学校が情報封鎖

2007年07月18日 10時31分
 【大紀元日本7月18日】広東省電子科学技術大学中山学院は7月5日夜、大規模な学生抗議事件が発生。2千人以上の女子大生が寮のベランダーから大声で叫び、物をしたに投げ続け、爆竹で紙や衣服などを燃やすなどした。学校の関係者が現場に近づけない、警察も派遣されたが、阻止できなかったという。抗議は翌日の午前2時まで続いた。

 事件発生後、学校側はインターネット接続サービスを停止するなど、情報封鎖を図り、夜間は学生寮で警備員を配置、巡回・訊問を行っている。各学部の生活指導の教師は、学生寮で徹夜駐在、学生の暴動を防ごうとしている。

 同大学の学生・楊さんは取材に応じ、「女子大生たちが抗議する主要な原因は、16棟学生寮の女子全員に学校側は、生活条件が極めて悪い寮への引越しを要求したが、女子学生たちは拒否したため、学校側は同寮への電気と水の供給を止めた。このような情況下に、彼女たちは集団抗議を決行、学校側が当初の決定を変えるよう求めている」と説明した。

 別の学生の証言によれば、当日夜、隣接する学生寮も抗議に加わり、一緒に物を下に投げたりした。ゴミ箱、バケツ、ジュース瓶、ビル瓶、ビラ、テレビ、扇風機、テーブル、イス、布団など、なんでもありで、中に爆竹と花火を燃やす人もいる。あわせて2千人を超えたようだ。皆が「引越ししない」などと叫び続けたという。

 また、事件当時、学校の関係者は怖くて、近寄れなく、数十メートル先に留まっていた。約十台のパトカーと頭にヘルメットを被った警察数十人が現場に駆けつけたが、やはり接近できなかった。消防車も配置され、最終的に、何も出来ずに撤回したという。

 前述の学生・楊さんによると、事件後、学校は厳密に情報を封鎖、6日から数日間続けて、インターネット接続を中断した。学校の共産党幹部や、教師、警備員は交代で当直、夜は寮に駐留・巡回。各学部の生活指導の教師も交代で寮で徹夜で見張り、暴動の再発を防ごうとした。現時点において、学校側はこの引越し計画を中止したという。

 女子大生の瀋さんは取材で、「学校が封鎖し強制すればするほど、我々はますます反発する。学校側が引越しを再度強要すれば、私たちも『戦争』を再燃させる。引越し先の寮は非常に狭い上、とても古くて汚い。なのに、寮の家賃を減額しない。いま私たちが住んでいる寮は、新入生に住ませる計画で、我々より数千元も高い寮の代金を払っているからだという。事を探れば、最終的にお金に辿り着く。高額の学費と雑費用などを払っているのに、そのお金は一体どこに消えたのか、学校の幹部が流用したのではないのか。もし、正々堂々でいられるならば、どうして抗議の情報を封鎖するのか」などと話した。

 取材の最後に、楊さんは、「いま、各大学での集団抗議事件が頻発し、皆も勇気付けられている。不満があれば学校側に訴える。そうすることで、学校側も多少の圧力を感じ、恣意的に学生をいじめることができなくなる。いまは、自分の権利を守るために、事態を公開するほかない。だれに頼っても無理。自分たちで解決するしかない」と話
抗議の現場(同大学の学生が写真提供)







した。

 

 (記者・辛霏)


関連キーワード
^