印刷版   

世界経済の均衡があらゆる国の利益に=訪中で米財務長官

 来週訪中するポールソン米財務長官は26日、世界経済をより均衡したものにすることがあらゆる国にとって利益になると中国を説得し、世界的な保護主義の機運に反対したいとの認識を示した。

 また、議会が中国からの輸入品に反ダンピング関税などを賦課する法案を準備していることについては、方向性が間違っており、これにより中国の人民元改革の加速につがなる可能性は小さいと示唆した。

 長官は「正し方法は、われわれが現在かかわっている方式だ。つまり、直接的かつ果敢に取り組むことだ」と述べた。

[ワシントン 26日 ロイター]

 (07/07/27 11:02)  





■関連文章
  • 中国:人民元を3・5%大幅切り上げか(07/07/26)
  • 中国、下期にエネルギー集約型産業などの成長を抑制へ(07/07/25)
  • 人民元が切り上げ後の最高値、米財務長官訪中控え(07/07/25)
  • イランテロ分子、イラクに武器密輸出、中国製ミサイルも=米軍(07/07/25)
  • 中国民航総局局長・楊元元、党の事情聴取(07/07/25)
  • 米議事堂で初の「九評シンポジウム」、脱党する中国民衆に敬意表する米議員(07/07/23)
  • 北京当局の報道規制強化、「五輪招致時の公約守る誠意あるのか」=外電(07/07/23)
  • 中露国境で住民同士が衝突、ロシア人4人が負傷(07/07/22)
  • 中国・廃棄紙リサイクル産業の功罪=環境保護団体(07/07/22)
  • 何清漣:多重の苦境に陥った「メイド・イン・チャイナ」(07/07/21)
  • 中国都市部の飲用水、半数以上不合格=国連報告書(07/07/20)
  • 上海市、金融持ち株会社を近く設立へ=副市長(07/07/20)
  • 中国による人民元上昇容認の遅れにいら立ち=FRB議長(07/07/20)
  • 中国少数民族研究会、都内で講演「脱北者の定着支援問題」(07/07/20)
  • WTO、ドーハラウンド打開に向け農業交渉で議長案(07/07/19)