印刷版   

タイ憲法起草委員会、新憲法の草案を承認

 軍事政権によって指名されたタイの憲法起草委員会は6日、新憲法草案を全会一致で承認した。国民投票が8月に、総選挙が年内に実施される可能性が出てきた。

 同委員会は新憲法草案について、昨年の軍による無血クーデターでタクシン政権が崩壊した後に停止された1997年「人民憲法」よりも民主的であると主張。

 しかし、草案は議員数を減らし、司法、官僚および軍の権力を拡大する内容となっており、タクシン前首相支持派や学者からは強い反対を受ける可能性がある。

[バンコク 6日 ロイター]

 (07/07/06 17:00)  





■関連文章
  • 中国玩具大群15年間漂流、今夏英国に到着(07/07/04)
  • 久間防衛相が辞任の意向表明、安倍首相は了承(07/07/03)
  • 五輪聖火リレー経路で、「中国台北」から「中華台北」へ中国側が呼称変更(07/07/02)
  • 広州地下軍事工場摘発=中国広東省(07/07/01)
  • 宮沢喜一元首相が死去、政府内で突然の死を悼む声も(07/06/29)
  • 中国製欠陥タイヤ回収困難の米販売会社、 メーカーは「商業的な宣伝」と非難  (07/06/29)
  • 諜報活動する中国人留学生が増加、一大脅威に=英国シンクタンク(07/06/28)
  • 英労働党のブラウン党首、新首相に就任(07/06/28)
  • ドイツ国防省、T・クルーズに軍事施設での撮影認めず(07/06/27)
  • 中国製欠陥タイヤで死亡事故、45万本リコール=米国(07/06/27)
  • アウン・サン・スー・チー氏誕生日、世界各地のミャンマー女性が一斉祝賀(07/06/21)
  • 米国、「台湾」名での国連加盟申請問う住民投票撤回を要請(07/06/20)
  • ゴルフ=全米オープン、優勝はA・カブレラ(07/06/19)
  • 仏下院選は与党が過半数確保、野党も議席伸ばす(07/06/18)
  • 米、軍事転用可能なハイテク製品の対中輸出規制を強化へ(07/06/18)