印刷版   

EUとイスラエル、モロッコにテロ攻撃の可能性について警告

 欧州連合(EU)はモロッコに対し、テロリストによる攻撃の「ほぼ間違いない可能性」があると警告し、西側各国の大使館や観光地の警備を強化するよう促した。

 国内の治安問題に強いことで知られるAl Ahdath al Maghribia紙が9日伝えた。

 同紙によると、欧州委員会の治安部門が、攻撃の可能性についてモロッコ政府に報告書を送付。報告書は、モロッコに対するテロ攻撃が「ほぼ間違いない」として、テロリストが標的としている場所を具体的に挙げたという。

 報告書はさらに、「フランスは、アルジェリアとモロッコで攻撃を行うテロリストの準備が進んだ段階にあることを確認した」としている。

 また、イスラエルとモロッコの外相及び治安責任者が先週パリで会談した際にもこの話題が中心となり、イスラエル側はモロッコに対し、アルジェリアとモーリタニアから、ジハード(聖戦)を掲げる戦士がモロッコに侵入しようとしていると伝えた。

 さらに、(EUとイスラエルの)報告書は、アルカイダのメンバー11人がモロッコに侵入した可能性がある、と指摘した。

 モロッコは6日、テロ攻撃が差し迫っているとして、警戒レベルを最高段階の「マキシマム」に引き上げた。

[ラバト 9日 ロイター]

 (07/07/10 09:14)  





■関連文章
  • 豪当局、英連続爆弾事件受け警戒体制を強化(07/07/05)
  • ロンドンの地下鉄駅付近で不審車両を捜査中=警察(07/07/04)
  • 米政府が空港の警備強化、テロ警戒レベルは変更せず(07/07/01)
  • 英国の空港に車が突入炎上、テロ警戒レベル最高に(07/07/01)
  • ロンドン中心部で爆弾積んだ2台の車、警察が未然に処理(07/06/30)
  • キルギスタン政府、中国人スパイ逮捕を公表(07/06/29)
  • ドーハラウンド4者協議が決裂、先行きに暗雲(07/06/22)
  • インドネシア警察、イスラム過激派JIの指導者を逮捕(07/06/13)
  • イスラエル労働党首選、バラク元首相が勝利宣言(07/06/13)
  • 核問題をめぐるEUとイランの協議、不調に終わる(07/06/12)
  • イスラエル、自殺者は欧米の半数(07/06/07)
  • 欧州連合が新法案、化学物質の検査を義務付け、中欧貿易の90%に影響(07/06/04)
  • イスラエル軍のガザ空爆で5人死亡、ハマス閣僚1人拘束(07/05/28)
  • EU助言機関、グーグルの利用者検索情報保持めぐり警告(07/05/26)
  • テロ支援国家指定解除での拉致問題考慮、米国も理解=官房副長官(07/05/15)