週間おもしろい写真(6/30~7/7)

2007年07月21日 14時28分
 【大紀元日本7月21日】ドイツのグッテルスロ城の野生動物園にいるエクリスは、白馬とシマウマの愛の結晶。エクリスの母親はシマウマで、野生動物園からイタリアの農場へ連れていかれ、そこで父親の白馬と交配した。現在1歳のエクリスはイタリア生まれで、頭部およびお尻の部分はシマウマ模様がついており、体および足は白色のままだ。
エクリス(AFP PHOTO HO/SAFARIPARK STUKENBROCK)



 「砂の世界」砂彫刻フェスティバルが7月6日に、バルト海沿岸のドイツの小さい町トラベニュエンデで開幕した。世界各地から集まった75人の砂彫刻家が9000トンの特製砂作品を完成させた。今回の砂彫刻フェスティバルは9月2日まで続くという。
作品:冥王・ハディソンおよび彼の地獄の犬(AFP PHOTO DDP/ROLAND MAGUNIA)


作品:アインシュタインと彼の魅力的な大脳(AFP PHOTO DDP/ROLAND MAGUNIA)


作品:ナポレオン(AFP PHOTO DDP/ROLAND MAGUNIA)



 中国重慶のある野生動物園の睦まじいペア・ルックチンパンジー
(Photo by China Photos/Getty Images)



 パレスチナ・イスラマバードの動物園で、暑さに耐えられないパンサー・カップルがシャワーを浴びる

 韓国ソウル東部の龍仁市にあるエバーランド・カリビン・ベイ遊園地のプールで、スパイダーマンの格好をしてパフォーマンス
(Photo credit should read CHOI WON-SUK/AFP/Getty Images)



 7月初旬に仏パリで開かれた2008春・夏メンズ・コレクションで、ベルギーのデザイナー・ウォルター・バン・ベイレンドンク氏の作品
(Photo credit should read FRANCOIS GUILLOT/AFP/Getty Images)



 7月7日、イタリア・ローマで開かれたバレンチノのファッション・ショーに現れた作品
(AFP PHOTO / Filippo MONTEFORTE)



 米国南部の農民たちは、炎天下で農作業をすると、首が赤くなることから「赤首」との愛称がつけられた。農民たちの勤勉な精神を記念するために、ジョージア州のダブリン市では毎年「赤首運動会」が開催されている。写真は、自作のビール缶望遠鏡を掛けている参加者
(AFP PHOTO/Robert SULLIVAN)


関連キーワード
^