印刷版   

骨つぼを爆発物と間違え避難騒ぎ、マイアミの空港

 マイアミ国際空港で16日、つぼに入った遺灰などが荷物検査で爆発の恐れのある物質と間違われ、一部のコンコースで避難が命じられる騒ぎがあった。当局者が明らかにした。

 空港のスポークスマンの話では、約2000人がコンコース「F」から避難するよう指示された。しかし問題のないことが判明したため、1時間半後にコンコースに戻ることを認められた。

 米運輸保安局のスポークスマンによると、誤報のきっかけの1つになったのは、遺灰の入った長方形のつぼ。同スポークスマンは「それだけではなかった。同じかばんの中には、ほかにも怪しげな物体があった」と語った。

[マイアミ 16日 ロイター]

 (07/07/17 15:29)  





■関連文章
  • インド豪雨で老朽化ダム決壊、死者655人、被災者100万人(07/07/10)
  • 中国6省暴雨、死者88人、行方不明者23人、被災者1421万人(07/07/08)
  • インド:連日暴雨、洪水等災害続出、死者150人以上(07/07/06)
  • 英警察、グラスゴー空港車両突入事件実行犯の遺書発見=CNN(07/07/05)
  • ロンドンの地下鉄駅付近で不審車両を捜査中=警察(07/07/04)
  • 英空港車両突入事件などで逮捕者8人に(07/07/03)
  • 米政府が空港の警備強化、テロ警戒レベルは変更せず(07/07/01)
  • 英国の空港に車が突入炎上、テロ警戒レベル最高に(07/07/01)
  • 中国北京空港周辺で、ハトの飼育禁止(07/06/28)
  • 民主活動家・魏京生氏、成田空港で入国拒否される(07/06/03)
  • ノルウェーのオスロ空港、税関が機械化(07/04/04)
  • 仏パリ空港:謎の中国人、高級洋酒3本360万円で購入(07/03/26)
  • 韓国の仁川国際空港、世界最優秀空港に=国際空港評議会(07/03/13)
  • 中国華北地域:濃霧で交通麻痺(07/02/22)
  • パリのカナダ大使館、有毒物質は発見されず避難指示解除(07/02/20)