印刷版   

景気過熱の兆候が増大、警戒要=中国全人代委員会

 中国の全国人民代表大会(全人代)財政経済委員会は17日、中国経済が過熱していることを示す兆候が増えており、政策当局は今後数カ月、警戒の必要があるとの見方を示した。経済が直面する問題としては、信用と投資の過度に急速な伸びや拡大する貿易黒字を挙げた。新華社が伝えた。

 中国人民銀行(中銀)をはじめとする関係当局との諮問を終えた同委員会は「経済成長が比較的急速な伸びから過熱へと移行する傾向は一段と明白になってきた」との結論に達した。最近、温家宝首相と中銀が用いた「安定の中で適切に金融政策を引き締めていくべきだ」との文言が今回も使用された。

 同委員会は、投資の伸び抑制に向け土地と信用供給を制限し、エネルギー集約型セクターの拡大を鈍化させ続ける必要があるとの見解を示した。

 中国は食品と不動産価格の急速な伸びにより、インフレ圧力の高まりに依然として直面していると指摘。「中国は食品価格の過度に急速な伸びに高度の注意を払い、国内外市場における価格変動を緊密に監視する必要がある」との見解を示した。

 同委員会はまた、社会サービスや福祉への政府支出が不十分であることや所得格差は、国内経済の弱点の源泉になっていると指摘。このため輸出や投資に過度に依存することになっているとしている。

[北京 17日 ロイター]

 (07/07/18 09:15)  





■関連文章
  • 中国の輸出、製品の安全性めぐる海外報道で打撃(07/07/17)
  • 中国のパンダ保護研究センターで双子のパンダが誕生(07/07/17)
  • 中国:米国から紙くずを大量輸入(07/07/17)
  • 中国の軍事力増強は、強国地位を得るため=米国情報機構幹部(07/07/16)
  • 米国食品会社、「中国産原料なし」の表示検討(07/07/15)
  • 中国貿易補助金問題:米国、WTOへ提訴、公聴会求める(07/07/15)
  • 中国少数民族研究会が都内で講演「脱北者の定着支援問題」(07/07/14)
  • 中国:暴雨・洪水災害深刻、ネズミ被害甚大(07/07/14)
  • 中国、北京五輪期間中食品安全を保証、国際社会の圧力か(07/07/13)
  • 米国、中国の輸出補助金問題でWTOにパネル設置を要請(07/07/13)
  • 中国の露店、廃棄ダンボールが肉まんの材料に(07/07/12)
  • 中国、エイズ対策でコンドームのファッションショー(07/07/12)
  • 中国製歯磨き粉:欧州にも、西・伊当局回収命令(07/07/12)
  • 前中国国家薬監局局長、7月10日に処刑された(07/07/12)
  • 中国、来週6カ国協議を再開させたい意向=報道(07/07/11)