印刷版   

2012年までの世界石油需要の伸びを上方修正=IEA

 国際エネルギー機関(IEA)は9日、中期石油市場報告のなかで、2012年までの世界石油需要の伸びを前回予想から上方修正し、生産の遅れが供給危機につながるとの見通しを示した。

 IEAは、2007―12年の需要の伸びは年平均で2.2%となり、前回2月時点での予測値2%を上回ると予想。

 IEAは「4年間にわたる原油高にもかかわらず、今回の報告は2010年以降まで市場がひっ迫する見通しを示している。供給危機は引き伸ばしが可能だが、さほど長期にというわけにはいかない」と指摘した。

 2007年の世界石油需要は日量9580万バレル(bpd)に達する見通し。前回予想は8610万bpdだった。

 IEAの石油業界・市場部門の代表、ローレンス・イーグルズ氏は「かなり強い分析結果だ。何らかの手立てを打つ必要がある」と指摘。供給量を増やすか、需要の伸びを抑える必要があるとの見方を示した。

 今後5年間の世界製油能力の伸びは、コスト上昇とエンジニア不足による製油施設の建設の遅れで、2月時点の予想を下回る見通し。

 生物燃料の世界生産量は2012年までに175万bpdと、2006年水準の倍以上に増加すると予想している。

[ロンドン 9日 ロイター]

 (07/07/10 09:22)  





■関連文章
  • 中国、スーダン領紅海沖で資源探索(07/07/09)
  • テニス=ウィンブルドン女子、決勝はビーナス対バルトリ(07/07/07)
  • 全世界中国舞踊大会、ニューヨークで6日幕開け(07/07/04)
  • 石見銀山、豪オペラハウスなどが世界遺産に(07/06/30)
  • OPEC産原油の需要減退へ、バイオ燃料の使用拡大などで(07/06/27)
  • 中国CO2排出量、昨年トップ米国を追い越す=オランダ政府系研究機関(07/06/21)
  • 中国石油天然ガス、上海市場で最大57億米ドルのA株発行へ(07/06/20)
  • 沖縄でマンタの赤ちゃん誕生、水族館では世界初(07/06/19)
  • ナイジェリアの油田施設に武装勢力侵入、作業員が人質に(07/06/18)
  • 日本とカンボジアが投資協定を締結、自由度高めて投資促進(07/06/15)
  • 中国、トウモロコシ原料エタノールを生産停止の可能性(07/06/11)
  • 李登輝氏、都内で講演、「2007年とその後の世界情勢」(07/06/07)
  • 南ア:世界新聞大会、師濤氏が金ペン賞に、母親が代理受賞(07/06/05)
  • 米大統領、ゼーリック前国務副長官を世銀次期総裁に指名(07/05/31)
  • 07年の世界経済成長は3.4%に減速=国連(07/05/31)