印刷版   

ハリウッド俳優の出演料当たり興収、首位はM・デーモン

 米経済誌フォーブスは6日、ハリウッドスターの映画出演料当たり興行収入のランキングを発表した。首位はマット・デーモンで、トム・ハンクスやトム・クルーズの2倍以上の高収益俳優であることが分かった。

 記憶喪失の元米中央情報局(CIA)工作員が過去を取り戻そうとする人気アクション映画「ボーン」シリーズ3部作では、マット・デーモンの出演料1ドル当たりの興収は29ドルとなっている。

 フォーブス誌によると、「ボーン」3部作のうち最初の2作品の世界全体での興行収入およびDVD売上高は総額8億5000万ドル(約1000億円)。最新作「ボーン・アルティメイタム」は、8月3日─8月5日の全米映画興行収入が7020万ドルでランキング初登場首位になっている。

 女優トップは全体で5位につけたジェニファー・アニストン。出演料1ドル当たりの興収は17ドルとなった。

 また、アニストンの元夫ブラッド・ピットが同24ドルで2位に、元恋人のビンス・ボーンが同21ドルでジョニー・デップと並び3位に入っている。

 そのほかでは、トム・ハンクスが同12ドル、トム・クルーズが同11ドル、ウィル・スミスが同10ドルとなっている。

[ニューヨーク 6日 ロイター]

 (07/08/08 10:40)  





■関連文章
  • ディズニー映画、作品中での喫煙描写を禁止へ(07/07/27)
  • 第1回「神州国際映画フェスティバル」、米上院議員が祝辞(07/07/14)
  • 元ジェームズ・ボンド役ブロスナン、テニス王者フェデラーと対面(07/07/08)
  • 中国河南省:映画館で火災、100人行方不明、当局情報封鎖(07/07/06)
  • 中共のスーパースパイ・金無怠の末路  (07/06/20)
  • ウォルト・ディズニー、インドでアニメ映画の合弁設立へ(07/06/11)
  • リトビネンコ氏毒殺を追った映画監督の別荘、何者かが不法侵入(07/05/29)
  • 米俳優ポール・ニューマン、映画界引退を表明(07/05/28)
  • チョウ・ユンファ、米国で主演映画に意欲(07/05/25)
  • ハリポタ映画の最新作、来月に日本で先行公開へ(07/05/23)
  • 「プリズン・ブレイク」の俳優、死亡事故で罪を認める(07/05/22)
  • カンヌ国際映画祭が60回目の開催を迎える(07/05/17)
  • 米映画会社6社、中国での違法コピーDVD裁判に勝訴(07/04/27)
  • ハリウッドの山火事、少年2人に放火の疑い(07/04/01)
  • ドキュメンタリー映画監督が講演、「私は日本のために戦った-台湾寿村の老人たち」(07/03/13)