避妊薬使用でハトの計画出産=米ハリウッド

2007/08/09 00:00
 【大紀元日本8月9日】ハトの増え過ぎを防ぐため、世界の各都市ではさまざまな方法が取られている。米ハリウッドでは、ロンドン、ベニスなど多くの都市の経験を参考にした結果、極めて人間的な方法を用いてハトの繁殖抑制措置を実施することにした。ハトに避妊薬を与えるのである。

 “Ovo Control IP”と呼ばれるこのプロジェクトは、ハトの餌の中に産卵と孵化に影響を与える薬物を混ぜ、個体数を減らすというもので、今後数ヶ月内に実行される予定だという。人道協会や動物保護団体の代表者は、電気ショックや毒物を使用する方法よりも人道的だと話している。

 現在、米ハリウッド地区には約5千羽のハトがおり、ますます増え続けているため、ついに住民が業を煮やしてこの措置をとることにしたもので、避妊薬を使ったハト抑制策が採られるのは、アメリカでは初めてだという。
関連記事
注目記事
^