印刷版   

入院したオペラ歌手L・パバロッティ、容体は安定

 世界的テノール歌手のルチアーノ・パバロッティさん(71)がイタリアの病院に入院したが、容体は「満足のいく」状態という。医師らが9日発表した。

 パバロッティさんは8日、熱を訴えて出身地モデナにある病院に入院した。パバロッティさんは昨年がんと診断されて以来、同病院で治療を受けている。

 病院のスポークスマンによれば、数日内に退院できる見通し。パバロッティさんのマネジャーは「引き続き様子を見ているところだが、現在は容体は安定している」と述べた。

 病院側は、パバロッティさんが肺炎にかかっているとの新聞報道についてはコメントを避け、9日の時点でこれ以上の発表はしないとしている。

[モデナ(イタリア) 9日 ロイター]

 (07/08/10 16:23)  





■関連文章
  • ボブ・ディラン、スペイン皇太子賞を受賞(07/06/15)
  • ブリトニー、第2子の名前は「サットン」ではなかった!(06/10/27)
  • 米女優K・ハドソン、ロック歌手C・ロビンソンと破局(06/08/15)
  • 陝西省岐山で学生数十名が原因不明の高熱 1人死亡(06/04/15)
  • 上海:原因不明の肺炎で女性が死亡、鳥インフル感染の疑い(06/03/24)
  • 中共当局:蒋彦永医師の訪米を禁止(05/12/29)
  • WHO:湖南省女児の死因、鳥インフルエンザとの関連性を懸念(05/10/31)
  • 湖南省:鶏を食べて亡くなった女児の遺体、その日に焼却(05/10/31)
  • カナダ:原因不明の感染症、レジオネラ菌感染が原因(05/10/09)
  • 台湾人気歌手・周傑倫:ハルピンコンサートで、中国警官から暴力(05/10/07)
  • 中国初の携帯メール投票の歌手コンテストに当局は警戒(05/08/30)