印刷版   


主要7カ国財務相、10月G7に先立ち会合も

 ラガルド仏経済財務雇用相は16日、10月にワシントンで開催される7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)に先立ち、7カ国の財務相が会合を開き、金融市場をめぐる状況について協議を行う可能性があると述べた。

 同相は、現在の金融市場の混乱は、実体経済には打撃を与えないとの考えを示した。

 グローバル化した経済では、全ての関係者がお互いに協力し合うものであり、必要があれば電話会議か、あるいは会合を開くとしたうえで「現在のところ、その段階には至っていない。また、現時点で、実体経済が(市場の混乱による)影響を受けるとは思えない」との見解を示した。

[パリ 16日 ロイター]

 (07/08/17 11:17)  





■関連文章
  • 中国一の超高層ビル、建築現場で火災発生=中国上海(07/08/15)
  • 情報BOX:各国中銀による市場への資金供給(07/08/13)
  • 中国の米ドル資産売却発言、背景に中共上層の内部抗争か(07/08/13)
  • 中国の利上げは小幅すぎとの声、追加引き締め観測消えず(07/07/24)
  • 上海市、金融持ち株会社を近く設立へ=副市長(07/07/20)
  • 景気過熱の兆候が増大、警戒要=中国全人代委員会(07/07/18)
  • 中国の軍事力増強は、強国地位を得るため=米国情報機構幹部(07/07/16)
  • 原油高、市場ファンダメンタルズと無関係=サウジ石油相(07/07/12)
  • 中国人民銀行、インターバンク市場の参加機関を拡大へ(07/07/10)
  • 中国の外準運用機関設立、特別国債発行は段階的に(07/07/02)
  • 中国株式市場で上海総合指数が3.4%下落(07/06/29)
  • 世界のM&A、資金調達悪化の兆しにも07年は過去最高に(07/06/29)
  • 宮沢喜一元首相が死去、政府内で突然の死を悼む声も(07/06/29)
  • 中国オンラインゲーム市場、07年は35%拡大へ(07/06/28)
  • ユーチューブ、米動画共有サイト市場で圧倒的首位に(07/06/28)